しばらくiPhoneでゲームをやってないなぁという事で、色々探していたところ、なかなか評価がよいゲームを発見。

Stranded with out A Phone 230円

宇宙船が墜落して無人島に着陸した主人公が、救助隊を呼び出すまでを描いたRPG。
結論から言えば、1日で終ったんだけれども、値段も安く、割と面白かった。

色々試した結果、攻略って程じゃないけどコツを掴んだので書いてみる。

以下ネタバレ注意。

【人工物アイテムについて】
アイテムの一覧は以下の公式URLで参照できる。
http://www.gilligames.net/stranded_items.php
これを見ると分かるとおり、最終目的は通信機を作ること。
その為には様々な人工物の材料を集める必要がある。
ドライバーやワイヤー、デコーダ回路やらなんやら。
これらの人工物は適当に待っていると砂浜に漂着する。
それぞれの部品は、朝5%/日の確率で島に漂着する。
大抵海のそばに漂着するけれども、島の真ん中に池があると、その周辺にも漂着するので注意。

別にチマチマ回収しなくても漂着物は増え続けていくので序盤は無理に探さなくても良い。

【体力について】
右上の水分、食物、ケガ、体力のゲージについて。
画像 199
一番大事なのは体力ゲージ。
これがなくなるとゲームオーバー。

この体力ゲージは、水分、食物が0になる、若しくはケガをすれば減っていく。
つまりケガをせず、水分、食物が0以上あれば、体力ゲージは減らない。
24時間起きていても平気。

ちなみにケガは25%未満の場合、自然治癒する。
それを超えると、ほおって置くと寝ても体力が減り、非常に危険。
なので、序盤はケガをしない事が大事。
ケガの主な原因は海に入ることなので、それを避ける。
花を収集して漢方薬を作った後なら別段問題ない。

【序盤】
島に漂着したら、まず探すのはレモンの木。
1〜2日は食料はレモンで凌げる。
但し、レモンの木から取れるレモンは有限なので、早々にレモン依存生活から脱却する事が必要。
レモンは脱出に必要な電池作成に最低12個必要になるし、緊急用にとっておいた方が良い。

レモンを発見したら、最初に斧を作る。
斧があれば、ココナッツミルクで水分を補給できる。
ココナッツは無限に取得できるようだ。
割ったココナッツで僅かながら空腹も満たされる。

ココナッツとレモンで食料を確保したら、次に「大きなネット」を作成する。
1〜2日で2つ程完成させておきたい。
大きなネットの効用は2つ。
魚が大量に取れることと、荷物を大量に持ち歩けるようになること。
荷物を少量しか持ち歩けないと、非常にサバイバル生活の効率が悪くなる。
魚は生でも食べられるので、緊急用食料としては役に立つ。
最終的にはイノシシの皮で作る大きな袋が大量に作れるようになるので、2つ位作っておけば良いと思う。

大きなネットを作成後は、弓と矢を作る。
イノシシ狩りは、最初は全然当らないけれど、20回程で100%仕留める事が可能となる。
但し、イノシシにぶつかるとケガをするので、なるべく離れた位置から狙う。
命中率に距離は関係ない。

この頃、ベリーの実を見つけたら、"食べずに植える"事。
ベリー畑を作成すると、食料供給にぐっと安定性が出る。
画像 190
ベリー畑は適当に空いてる場所に作っておく。
雨が降るたびに成長し、やがて実がなる。
畑らしくこんな形でもいいかも。
画像 202

【中盤】
食料と水を安定的に確保する為に、イノシシ用の罠と露集めを作る。
最初は2〜3個作ればよい。
罠の近くに食べ物を置いておくと掛かりやすいが、別に無くても複数纏めて仕掛けて置けば適当に引っかかる。
画像 201
罠の隣にイノシシが来ると、罠に掛かる。
なので以下の様に2マス空けて、真ん中にベリーとかレモンとか置いておけば、効率がよさそげ。
画像 203
なお、猪を捕獲中罠は、別の猪が通ってもなんとも無いので、こまめにメンテを。
猪のコアタイムは夜なので、朝起きたらぐるっと回るイメージで。

罠があると、もう猪には困らなくなる。
画像 197
わははは、ジオンは後10年は戦えるぞ!(byギレン)状態になると楽。
なおこの時点でバケツが拾えて無いならば、猪の皮から水筒を作っておく。

次に水の確保。
水分はココナッツがある為に比較的容易に手に入るが、もっと楽したい為には、以下の様なサイトを作成。
画像 180

島の中に3箇所も出来ると、それだけで、島一周が楽になる。

【後半】
水と食料が自然と溜まる様になると、後は人口漂流物回収に精を出すフェーズ。
ここでのポイントは以下の通り。

1.小さい木は伐採する
これは、漂着物が気に隠れると非常に見辛い為、見逃してしまう恐れがあるから。

2.ひたすら寝る
漂着物は朝になれば現れる。(空が明るくなってから)
昼に島を一周したら、その日はもう諦めて、肉を焼き、水を回収して寝る。
果報は寝て待て。

【漂着物について】
漂着物は、一度現れると、存在する限り二度と現れない。
但し、存在しなくなると再度漂着するようだ。
例えば、ガムを食べてしまっても、しばらく待てばまた漂着するし、デコーダやらマイクやらも同じ。
また、漂着物はこまめに回収せずとも、漂着し続けるようだ。2〜3個一気に回収することもある。

【ココナッツの木について】
前述の様に、あると画面が見辛いので、適当に伐採しても良いと思う。
特に小さい木は、ココナッツも生産できないので、基本伐採方向で良い。

【焚き火について】
小さい焚き火は24時間持つ。
普通の焚き火は48時間。
材木は有限だけど、終盤余るので、普通の焚き火までは拡張してもいいと思う。
大きな焚き火は材木3を消費するので割に合わない。

【持ち物について】
大きな皮袋や大きなネットは、多段で保持できる。
バケツに水を6回分入れて、それを大きなネットに入れる事も可能。
大量の物資移動には使えるし、緊急用にレモンを満載した袋を一つ袋の中に入れてても良い。

【亜鉛と銅】
それぞれ12個確保したら、もう探さなくても良い。


【そして衝撃のラスト】
エェェェェェェ
と思うほどあっさりしてる。
この辺の外人の考え方はよーわからん。
クリア後も再開は可能。
ここから無限無人島ライフを楽しんでもいいかも。