ここ2〜3日パチの調子が良かったので、勢いつけて有楽町のチャンスセンターへ宝くじを買いに行った。

当然ながら亀有香取神社へ事前のお参りは済ませてある。
IMG_0250


暑い中、6号、4号を通って有楽町に到着すると、販売所の前に激しい長蛇の列が出来上がっていた。
このくそ暑い中、こんなにも並んでられへんと思い、引き返す事にした。

急ぐ訳でもないのでプラプラと休日の東京を楽しみながら走っていた。この日、東京は猛暑で暑かった。

エンジンの音が若干変わってきたので、油温計を見ると100℃を指している。音は時々ガラガラっとした感じ。
更にタペット音が殆どしなくなっている。流石にこの温度だと、熱膨張でクリアランスがなくなってきたのか。
更にフロントブレーキがキーキー鳴く様になった。かなりの高周波でうるさい。

少し心配になったので、その後は回転数を上げない様に用心して帰宅した。帰宅後アイスを食べてから洗車。再びエンジンを掛けると何時もの音に戻っていた。
やはりエンジン温度が原因だったっぽい。

とりあえずウルトラG1からG2かG3へ変更して様子を見ようかと思ったが、油温が下がる訳でもなく、大体120℃位までは想定範囲内のはず。(根拠→ホンダHPより)

オイルクーラー必要なんやろか...。