「なんでPocketPCでサーバなんですか〜?」とか良く言われる。
さてなんでと言われてもなと、考える。
まずPocketPC/WindowsCEは開発環境が無料。
MSVC相当の開発環境+ARM/MIPS/SH/X86のコンパイラ付きである。
これは結構凄いこと。

んで、創作意欲が掻き立てられるのだけれども、何を作るのかと考えると、
やっぱり通信系のソフトがいい。
大学時代、一番面白いと思った物が「自動制御」。
何か仕掛けを作っておけば自動的に動作する、というところが、生来の怠け者の琴線に触れる。
遠くからポロポロとパケットを送ると望んだ結果を返してくれるサーバは結構面白い。

後、LinuxやWindowsでサーバ立てるのが面倒なのをよく知っているから。
両者とも何時までたってもUpdateを続ける必要がある。
なんで自分でやってみる。

プログラム作るのに既に特に理由はない。
昔はスキルアップのために、とか考えていたけれども、今は現状維持が出来ればよいと思う位。

後、PDA単体の時代は終わったと思う。
残されたPDA達の余生を考えると、省電力だし、サーバというのも悪くない。