なんか、最近他のプロジェクトのお助けマン化してきた。
実際自分はAPIの仕様策定の仕事なのだが、上位アプリケーションのトラブルに対応するために、ヘルプすることがある。
そんな時は大抵ベンダさんのソースコードを見ることになるのだけれども、まぁ色々。

んで、この間またソースコードのチェックを頼まれたので見てみた。
んー、別に悪いことは無いのだが、関数コメントが無かったり、イマイチ構造化されてなかったりで、どうやら一人でガシガシ作っていたらしい。

一度こちらから提供した画面操作表示仕様書を見たことがあるのだけれども、結構複雑だった。あの仕様書を短期間でコードしたら、これ以外に無いだろうなという作り。中〜上級者が作成したものっぽい。

で、上司には以下のように説明した。

  • どうも一人で作ったものみたいだ
  • 複雑な仕様書を実現するにはこうするしかなかったと思う

仕様書はウチ、PGはベンダ。なんで、PGが悪いことになってしまった。
あぁいかんいかん、遺憾だ。
まずいので改めて仕様書が複雑すぎることをお伝えした。
工期考えて仕様書作成しようよう、といいたかった。
受ける方も受けるほうだけれども、まぁ仕方がないか。

で、早速先週購入した「達人プログラマー」の一部をコピーして渡した。

いわく「完成品など永遠に作れない
つまり、納期と品質をまず優先しろ、ということ。二次三次の開発があるのだから。
この辺りのくだりは大変共感できるので、是非とも読んでみてください。