去年した作業。

我が家のSDRは、リアサスを沈めるとキコキコと音がしていた。
どっか油が切れているところがあるんだろうなと。

分解清掃していけば、そのうち消えるだろうと考えていたところ、リアサスのリンク部分をグリスアップしたら消えた。

SDRのリアサスを外すには、まず車体を支える必要がある。
残念ながらバイクジャッキは持っていない。
車のジャッキも無い。
なのでつるす。

作業しやすいように、タンクや、エアクリ等を外す。
画像 006

紐で天井より吊るす。
画像 010

ここで、車体を前に進める。
画像 011

この車体の進め方を微妙に調整すると、高さが上手く調整できることに気が付く。
バイクが転倒する心配が無いのが利点。
これは便利・・・。

リアサスを外してみると、意外な事に程度はよさげ。
スプリングの塗装は結構剥げ気味だが、まぁこんなものか。
画像 013

リアサスとスイングアームは、なぜかボールジョイントになっている。
このボールのグリスを保持しているシールを取り外してみると、見事に割れていた。
空気に触れない部分であるにも関わらず左右とも割れているので、元々弱い部分なのだろう。
画像 014

新品パーツが無いので取り急ぎボンドで修復してみる。
画像 015

ボールには万能グリスとモリブデングリスを混ぜ合わせて塗布する。
ここはシールの部品を新調したらもう一度やろうと思う。

とりあえずキコキーコ鳴く症状は治まった。