チャンバーにクラックが入っていたので、ホルツのガンガムで修正したが、結局ガンガムでは塞げない事が分かった。
200ccの排気に耐えられないとは。良く頑張っているとは思うがいまひとつ。

溶接しかないと思ったが、お安くチャンバーが出品されていたので、ポチった。5000円。バイク屋へ出す溶接代より安いかもしらん。
何よりヒートガード付属。
ヒートガードとは、SDRのチャンバーについている銀色のガード。

画像 110

純正部品としてはとっくに廃盤で、単品でもこの半年間全く出品されなかったもの。
SDRのデザインとしても目立つ部分なので、どうしても手に入れたかったパーツ。

画像 111

裏も表も錆びている。

なので、いつものサンポール。

画像 112

すると、

画像 113
画像 114

こんな感じ。裏側は錆が取れてデコボコ。

どうやらこのパーツはメッキらしい。バブル世代のバイクだなぁとシミジミ思う。
メッキは無理でも再塗装やね。

チャンバーもマジックリンで洗浄。その後錆取り。全体的には錆はあんまり出ていないが、とぐろを巻く部分で錆が結構酷いところがある。
ミニリューターであらかた削っておいて、ラストリムーバーで後処理。その後塗装。

いい天気なので作業もはかどる。
画像 115

現在耐熱塗料で塗装中。
来週には装着したいね。