イグニッションコイルの中古が安値で出てくるまで待っていたところ、オークションに流れてきたので購入した。
ついでにチョコチョコとジャンクパーツも同一出品者から購入。
今回購入したものの中には、幾つか我がSDRの欠品部品が存在していたので、丁度良かった。

ネジ類はサンポールの腐海へ。
以下は、イグニッションコイル、そして、我がSDRについていないプラグコード、ヒューズケース、バッテリカバー、等。
画像 137

正直ヒューズケース等、今使っている車用でも問題は無いのだが、純正パーツにしたかったのでよしとする。

以下はタンク周りのゴムワッシャー。古くて亀裂が入っていたのでボンドで補修した。
画像 138

イグニッションコイルに刺さっているプラグコードだが、ゴム部分はとっくに腐っていて、引き抜こうと思ったらボロボロになって簡単にちぎれた。恐ろしいことです。
しょうがないので、リューターで削る。エラく深いところまで差し込まれていて、やむを得ずイグニッションコイルの本体部分も削っていく。あんまり削ると漏電が心配だけど、NGKのプラグコードが刺さらないのでは意味が無い。

画像 144

プラグコードの除去が終ったら、適当な長さに調整したNGKのハイテンションコードを差し込む。
このままだと抜けたりする可能性があるので、ボンドで固めてある。これは漏電防止の意味もある。

そもそもこのNGKのプラグコードの説明書を読むと、ハイテンションコードの途中でぶった切ってNGKのコードを繋げろとある。私は途中で切ったらあんまり意味無い気がします。

来週にでも取り付けてみますか。さて動作するかな。