台風が近畿、中国を通過中。
関東は晴れたり曇ったり、小雨が降ったりと目まぐるしい。
風は非常に強い。
ウェザーニュースを見たら、午前中は曇り、午後から雨という事なので、少し解体作業を進める。

とにもかくにもカウルを外さないといけないので、バラシはじめると、少々足りないネジがある事に気が付く。
ま、気にしない。古くなったゴム類と共に注文する。

全部外した後、途中で先がつながっていないゴムホースを見つける。なんじゃこれ?と思って手繰ってみる。その先にはバッテリーが付いていた。
しまった、この状態で充電してしまった・・・っ。
このバッテリーからの排気は、腐食性が強いので、大抵車体中央下部に流すのだが、フレームを伝ってラジエター付近に伸びていた。周辺錆が出てないかチェックしてみたが、大丈夫っぽい。しかし水洗いしたいところ。

このバッテリーの排気を正規の場所にパイピングするには、エアクリーナボックスを外す必要がある。

んで外してみた。

複雑。つーか、250ccで4気筒DOHCってやっぱり無理あるよね。

iPhone 001

GSXR250はキャブが二つしかないから、まだ気力も何とかなるってもんですが、4キャブとか多分死ねるだろうなと思う。

iPhone 002

パイピングは何とか車体下へ逃した。

GSXRのキャブは負圧式(CV)キャブレターなので、アクセルを開け閉めしても、ピストンバルブが開閉しない。
指でピストンバルブを開け閉めしてみると、少し引っかかる感じがする。

iPhone 003

アクセルのレスポンスがアイドル付近で悪かったのはこの辺が原因かもしれませんな。
アクセルが戻らないような状態になりかねないので、この時点でキャブバラシも決定。

後、タンデムステップホルダーが錆びだらけなので、取り外して花さかGの余り液にドポンとつけておいた。
さてどうなるか。

雨がパラつきそうなので、そこまでして撤収。

カウルはスクリーン部分を外して、ネジ系はサンポールの腐海へ。

iPhone 004

しかし、このカウルどうすれば良いんだろう。だれか要らない?いらんわなぁ。粉砕破棄かな。

キャブをばらす。
この瞬間はいつも緊張するね。
ネジやジェットが舐めると、非常に残念な事になってしまう。

iPhone 006

iPhone 007

実際いくつかのネジが舐めそうな感じだったので、慎重にKTCのインパクトドライバーを使ってコンコン叩いてあけていく。
軽く同調具合を見てみたけど、左右で若干の弁の開度が違う。これは後々調整せねば。本当はバキュームゲージを使う方法が書いてあるんだけど、まーそこまではやる気が起きない。作るのは簡単なんだろうけど。

まずはダイヤフラムキャップを取り外す。
ダイヤフラムは穴は開いてないし、硬くなったりもしていない。どこまで使えるのか不明だけど、部品がアッシーで一個で6000円位。一応見積もりをウェビックで取ってみる。

iPhone 005

ジェット類は、まぁ25年物はこんなもんだよね。

iPhone 008

正直やわらかくなっていて、グダグダです。SDRのジェットも、メロンパンみたいな感じになっていたけど、これもそう。
メインジェットホルダーにヒビも入っている。これは叩いて外した時に付いたのかも知れないし、メインジェットを取り付けるときに閉めすぎたのかもしれないし、原因不明。どっちにせよ、もう硬度が無く、ジェットの穴も信頼できないと思う。一応キャブクリーナーにつけておくが、新品交換が妥当だろう。

その他、カウル関連で欠品が多いので、無いとは思うけど一応見積もりに出す。
部品が無かったときは、また考えるとしますが、キャブのジェット関連が無かった場合は、いろいろと互換品を探さないとダメかもしれない。

あるかなぁ。