なんで3連休がバイクのメンテで終わってるねん・・・

盆栽もええ加減にせんと、全然走れんがな。
いや果たして盆栽なのか・・・?

修理か。

SDRもGSXRもフルノーマルやがな。
盆栽っていうのは、もっとなんかこう、、、動作するバイクを更に高みに、、、
いや、ま、ええか。


昨日リアブレーキのバイパスが詰まっているので、修繕の為キャリパを割らなくっちゃいけない事が発覚。

で、割った。
iPhone 001

うはぁ、これは酷い。すげー汚い。
ブレーキフルードが古くなって色々なところに固着している。
更には錆が混じっている。
更には何故か不思議な黒い物体が混じっている。

しっかりとバイパス部分も、何かの物体で塞がっている。
どうやら、バイパスのパッキンからブレーキフルードが漏れて、このボルトの穴に侵入した様だ。
キャリパをくっつけているボルトが錆と白濁したブレーキフルードまみれ。

なんか知らんけど、キャリパの合わせ面が雑に処理されてるのが原因か。
それともバイパスが詰まったままブレーキを使っていたのが原因か。
さすがTOKIKOブレーキ。
スズキはなぜニッシンに作らせなかったんだ。

もう色々面倒なのでサンポール。
iPhone 002

良い勢いで泡々。
iPhone 003

1時間程漬けて、その後重曹に1時間程漬けておく。
いくら重曹で中和したとしても、鉄の地肌が丸出しなので直ぐに錆びてくる。
即効で塗装するか、若しくは油漬けにするか。
iPhone 005


化学処理している間に、錆で色々と残念な事になっていた、リアフットレストを塗装。
iPhone 004

さて、

リアブレーキを割った結果、これはフロントブレーキも割らずにはいられないかも、、、としばし考える。
フロントブレーキを割ると、多分今日中には終わらない。
うーむ。
しかしブレーキだけに妥協はしない方が良いだろう、と思い立って割る事にした。
ブレーキキャリパを外し、反対にしてつける。
ラチェットをかましてプラハンでガツン。
iPhone 006
コツとしては、コツコツと叩くよりも、一気にガツン。
ラチェットの頭をしっかりとネジに抑える。
めがねでやるとネジが舐めるので注意。
ソケット、しかも6角のものじゃないと、ちょっと怖い。

硬いネジもこれで楽に外せる。
で、割った。

エアでピストンを押し出したが、最後までは抜けない。
仕方ないので、バイスプライヤーにウェスを噛まして、グリグリグリグリ・・・。
抜けた。
iPhone 007

汚い。
黒い物体、白い物体、オレンジ色の物体。
黒いのはパッキンのゴムのカス?
白いのはブレーキフルードが固まったもの。
オレンジ色は錆に侵食されたブレーキフルードカスか。

バイパス詰まりこそ無いものの、状況はリアと似たようなものだ。
ピストンにはしっかりと固着したゴム。

7000kmしか走っていないとはいえ、25年。
動かさないバイクは死んでいく。

バイクの保存はエンジンかけるだけじゃぁアカンかもね。
やっぱり乗らないと。
サスやブレーキ、色々なものを動かして、オイルやガソリン等の血流を動かさないと。
人間の体と一緒やね。

エイプのブレーキフルードもソロソロ交換した方がええのかもしれません。

キャリパー側は精密ドライバーを使ってコリコリと掃除。
どうしてもなかなか取れないので、パーツクリーナーぶっかけたら、塗装が溶けてきた。
塗りなおそうかどうしようか。
どうしても取れない錆があったので、400番ペーパーで軽く舐めてから、2000番でシコシコ。
どうせシールはパッキンでやるから、キャリパは多少磨いても良いのだ。

ピストンは、まず2000番のペーパーでゴムの付着物を落とす。
その後コンパウンドで鏡面仕上げ。
iPhone 010

キャリパー多いなぁ。前後併せて10個もある。
iPhone 011

SDRなんか前後併せて4個しか無いんだけども。

たまに見かける6ポッドのブレーキメンテはきっと気が狂いそうになるに違いない。
今日はここまで。

ブレーキのピストンも開けないとダメかしら、、、。