GSXR君、何故かエンジンが掛からなくなっていた件。
たぶんプラグだろうなぁ、と思って前回買っておいたのだが、ブレーキも組んだのでやってみた。
エンジン掛からないバイクはただのパーツですから。

iPhone 001

前回2番シリンダーのケーブルがスッポリと抜けたので、まずはプラグケーブルを確認してみる。

プラグケーブルを外してみると、流石にフルカウルなので結構綺麗。
SDRはやっぱり朽ちる直前だったんだなぁって思った。ボロボロやったもんね。

iPhone 002

見るついでにプラグケーブル変えようと思って、キジマのシリコンケーブルを買ってきた。1100円位。
ところが、1mでは長さが少し足りない事が判明。4気筒って面倒やね。
折角なのでエイプにでも取り付けてあげようと思う。

プラグケーブルは一度全部外し、緩いところは絶縁テープで固定した。ま、これで大丈夫でしょう。

プラグに火が飛ぶかどうかは、サービスマニュアルの通り、イグナイタにテスターを接続して調査。
レンジを1Ωに設定してイグナイタのカプラに接続せよとある。
シグナルジェネレータの代わりをテスターがするんやね、なるほど、、、。

iPhone 003

プラグを取り付けてフレームに地絡させる。
バチバチっと音がしてプラグに火が飛ぶ。
ところが2番のプラグからは火が飛ばない。

プラグを取り替えて試してみると、2番からは火が飛ぶ。
先ほど火が飛ばないプラグは、どのプラグコードにつないでも火が飛ばない。

つまり、もともと2番に付いていたプラグは、どうやらお亡くなりになってたらしい。
イリジウムプラグなので、勿体無い気もするけど、念のため全部処分。
1〜4番まで、新しいプラグを取り付けた。
もちろんイリジウムなんて付けませんよ。勿体無い。

セルを回してもエンジンが掛からない。
うぁ、、、と軽く冷や汗を書くが、しかし、チョークを引いてみるとあっさり起動。
マフラーを触ってみると、1〜4番共に熱を帯びる。
良かった。キャブ開けなくてすんだ。

ついでに気になるハンドル周りも軽く見てみる。

iPhone 004

うーん、いつかはリフトアップして清掃したいけど、、、。
これ以上手を広げると色々と訳分からなくなりそうなので、いったん走る状態まで復元。

サービスマニュアルを見ながら、色々おかしい状態だったパイピングを直して蓋をする。

BlogPaint

とりあえず走ってみたが、やはりステアリングダンパー付けた様な感じ。
50km/h以上だと安定感が増すけど、それ以下だとちょっと乗りづらい。
空気圧を測ってみると、1.5kg/cm。
マニュアルを見ると2.0だそうなので、相当空気が足りない感じ。
前回間違えて入れたのかな?それとも抜けているのか。
ちょっと気をつけておこう。

走ってみるとマシになったかも、という感じ。
もともとの状態がわからないのでなんともいえないけど、こんなものなのだろうか。

どちらにせよやはりステムの掃除はやりたいなと。
そのためには、カウル外して水抜いてラジエター外してマフラー外してジャッキアップしてフロント周り外して、、、、メンドクサッ!

まぁまぁ、もう暫くのって、まずは今の状況をしっかりと把握しよう。

メンテ中に向かいのおじさんがやってきて、今日、マッハを見たよ!と言う。
凄く綺麗だったそうだ。
俺も見たいです。綺麗なマッハ。

チェンジペダルやら、アイドリングやらを調整しなおして、今日は終了。