何時までもレストアばっかりしてられませんぜだんな。
乗らなきゃ。

昨日ツーリングマップルを読みながら、GSXRの試走でどこに行こうかって考えていた。
でもまだ修理終えたばかりだし、任意保険未加入なので、車間距離を300m位とって走りたい。
いや前後1000mは欲しい位だ。

首都高は却下。
常磐道が道幅広くて交通量も昼間までは少ないだろうという事で、加平から北上し、常磐道で決定。
水戸納豆でも買えればええかと。

朝起きて、ライダージャケットを着て、準備。

iPhone 007


さて、じゃぁ行きますか、、、ってところで、なんとなく思い出した。

先日ステアリング周りをバラした後に少し気になっていたんだけれども、もしかして、組む順番を間違えてなかったかなぁと。

良く見るとやっぱり間違っていた。
ステアリングナットと、レースカバーが逆についている。
こりゃいかん。特に大きなトラブルにはつながらないだろうけど、このままじゃぁテーパーローラーベアリングのグリスが飛んでしまう。

気がついたら工具箱を握ってる俺

あかんて〜
チャッチャッとやったら、5分ですむわいな。
大丈夫、大丈夫。

iPhone 001

ちゃちゃっと直して、さぁ出発、、、うーん、ここまでバラしたら、以前から気になっていたハンドルポストの汚れが気になるから、直したいなぁ、、、。

iPhone 002

あかん、あかん、あ、

あ〜塗装始めましたよ、俺

ハンドルポストをヤスリで磨いて、下地作ってホイールカラーを直接掛けました。
もうね、密着剤とかね、使わんねん。

iPhone 003

塗装している間は、結構乾燥待ちになるので、ついでにワイヤリングの修正をエンヤコラと。
実はハンドル周りのワイヤリングがサービスマニュアル指定のやり方と違ってる部分を見つけてしまいましてね。

おいおいおい、水戸納豆はどうするよ。
といっても、もう塗装始めたし、どうもなりませんな。

で、まぁ、乾燥もそこそこに、取り付けて、気を取り直して13時過ぎに出発。
綺麗になりましたよ。

iPhone 004

見て下さい、この綺麗さ。1枚目のなんだか海苔がついたような雰囲気とは、ね、もう別物ですよ。

加平から入り、三郷経由で常磐道へ。
案の定ガラガラで、安心して走れる。

あーしかし、常磐道も、例の原発のおかげで延長が止まりましたねぇ〜。
何とかして欲しいですわ。ほんま。使わんけど。

最初は恐る恐る走る。
頭の中ではボルトの締め忘れなど無かったか、色々と考える。

あ、ステアリングボルト、きっちり締めてないかも、、、。
きっちりと言うのは、しっかりとトルクを掛けてないかも、っていう意味。
一応ギュッとは締めたはず。

ここで気がついたのが、ステアリングが軽い。
あのステアリングダンパーがついているような感触が無い。
えっと、直った?
ステムナットの締めすぎには注意してたけど、まさかのステアリングボルトか。

こりゃええわいな。

高速乗って実感するフルフェアリングの素晴らしさよ。
流れにのって120km/h巡航しないといけない場面もあったけど全然楽だ。
ただ、回転数が9000rpm付近なので、エンジンは正直うるさい。良い音なんだけど。

気持ちよく巡航しつつ、森谷SAへ。
横にゴールドウィングが止まる。
このバイク乗るなら車でええやん、とか思いながらちょっとくら点検。
特にブレーキとか全バラしたしね、これ良く見とかなきゃ、、、う〜ん?

ブレーキフルードの量って、こんなんだっけか?
若干少ない様な?


もしかして
漏れてるんとちゃうの
('A`)

死ぬって俺...
俺が漏らしそうや...


慌ててキャリパを見てみるが、特に問題はなさそう。
エアブリーダのキャップを外して点検してみると、左側の一本が若干湿っぽい様な、そうじゃないような。
よく見るとフルードも減っているような減ってないような。

とりあえず心配なので、高速を谷和原ICで降りてUターンすることにした。
このビビリが大人の証やね。
攻撃力は減りますが、守備力はアップですわ。

走りながらブレーキの効きを確認する。
フロント、まだ効く。大丈夫。
リア、いけるいける。緊急時はお前が最後の砦だ、頑張れよ。

高速に乗っている間はしかし気持ち良い。
SDRは高速は苦手なんだけど、GSXRは良いね。
何故か微妙にポジションが合わないので、より前傾ポジションのSDRより腰に来るけど、100km/h位から風の抵抗で体が支えられて楽になる。


帰路に100km/h位で車線変更しようとして、後ろ振り向いたら、ヘルメットのスクリーンが風でガバッって空いてびびった。
今日は腐ったAGVヘルメット(光輪製とも言う)だったからなぁ。やっぱり高速乗るときはアライにしよう・・・。


帰宅後、ブレーキフルードを点検してみたが、家のガレージでは問題ないレベルになった。
水はけの為に傾斜が点いているからやね。
杞憂やったね。

ステアリングボルトが真の原因かどうか調べる為に、グビっと増し締めしてコンビニまで走ってみた。

iPhone 009

ん〜やっぱり原因はこれかな。
ここそんなにキッチリ締めんでも、ステアリングナットがあるし、フロントフォークにしっかりクランプされてるし、問題無いでしょう、という事で緩めて取り付けることにした。
一応緩まないように、硬めのロック剤を塗布しておいた。


ちょっと今日は中途半端だったけど、まぁ保険もまだやしこんなもんやね。

iPhone 006