たった、たった、タンクが立った(棒)

サンドブラスト用タンクの長さを切り詰めて作成した2号機。
iPhone 010

短くしたお陰で、自立させる事が出来ました。
iPhone 001

この絶妙なクリアランス。
iPhone 002

あらステキ。

当然ながら本体に穴は開けてません。
あくまで皮の部分だけ。
4mm程度の穴をドリルであけてM6×10mmのボルトを突っ込んだ。
パイプ接着前にこの処理をしておけば、タップも切れて、もっと上手く出来たかも。
3号機はきっと素晴らしい出来になるハズ。

VP管は加工が楽でええですわ。