GSX-Rが言うのです。


SDRは箱根に行ったらしいやないですか。
エイプは原付なのに犬吠崎や

挙句には関西まで

行ったらしいやないですか。
にぃさん、私もそろそろどこかに連れて行ってくださいよ。
まだ走行距離は7000kmちょっとですよ?もう来年は25歳でっせ?
もっと走りたいです。

そんな幻聴が聞こえてきました。
最近仕事が忙しいからなぁ。

だがしかし、そうか、すまぬ、GSX-R、どこにも連れて行ってあげれなくて。
もう寒くなったし、来年なぁ。
と思ったら、暖かいじゃないか。
ならばGSX-Rをどこかに連れて行ってやらねばなるまい。


どこに行こうかと思案したが、最近色々話題の「伊豆スカイライン」に行ってみようと思う。
白バイ風の格好をした人達が自主的パトロールをしているらしい。
何でも最近二輪事故が多発して、二輪通行禁止になりそうだとかなんとか。

ルートは、
午前中に伊東まで南下、日帰り温泉に入る。
午後、伊豆スカイラインを通って帰ってくると。
これでどうだ。

日帰り温泉は、「赤沢日帰り温泉館」が場所的にも内容的にもよさそうだ。
平日1200円、休日1600円と高級だ。
少々お高いが、平日なら許容範囲。

ブレーキランプも直したし、iPhoneの電源も装着した。
多分大丈夫。いけるはず。

今回は、割と勝手知ったる伊豆方面なので、GPSナビはなし。
あれ、何気に危ないしね。
久しぶりにツーリングマップルで地図を頭の中に入れて8時頃出発した。

今回はGPSトラックソフト「GPS-Trk」をiPhoneにインストールして、旅の記録が残してみた。


伊豆方面に抜けるには、東京東部に住んでいる人間は当然ながら東京を通過しないといけない。
何時もナビで支持されるのは、首都高速で東京を突っ切るルート。
しかし、これは絶対に間違いだと思う。
正しいルートはC2経路で東京を迂回?する方が、100%楽だし、早いと思う。
問題は山手通りの地下部分の熱帯地区。ここは、なぜにこんなに暑いのだろうか。

ここから、東名に抜け、秦野中井からいったん下道へ降りる。
西に向かうなら西湘バイパスは走る価値がある。
海を見ながら気持ちよく走れるから。

何時ものPAで一服。
iPhone 001

潮の香りがたまりませんがな。
iPhone 002

走っているとちょっと腰が痛くなってきた。
座り方を変えると、腰の痛みは無くなるけど、今度は背中が痛くなる。
まぁ腰よりはマシなので、暫くそちらで走る。
適当にポジションを替えながら走行。

そのまま真鶴ブルーラインやら、熱海海岸自動車道やらを走って南下。
この辺、チョコチョコと細かい有料道路があるけど、距離も無いし、ちょっと何とかして欲しいといつも思う。
面倒なんだよね。ETCも使えないし。

そのままチョイチョイ休憩しつつ、秋の海岸沿いツーリングを満喫しつつ到着。
iPhone 003

果たしてこの高級1200円の日帰り温泉はどうなのか。

入館して靴を下駄箱に入れ、チケットを購入。
本日は男湯は3Fですと言うことで、エレベータでそちらに向かう。
ロッカーやら、貴重品ボックスやらは全部無料なのは好印象。
タオル代も無料。
大体、ゴルフ場の風呂場みたいな感じ。

ただ、ゴルフ場の風呂場みたいなのはそこまで。
一旦足を踏み入れると、オーシャンビューの絶景露天風呂があった。
これが実に素晴らしい。
いやまじで。壁が無いのだ。
シンガポールの「Bay Sands SkyPark pools」的な露天風呂で、満足度は最高。

設備はスチームサウナやドライサウナ、泡風呂等、一通りあるのだが、この露天風呂があれば、もう何でも良いかなって思える。

泡風呂で腰やら背中やら、体を十分にほぐしてから、1Fのレストランへ。
本体のホテルには高級レストランがあるみたいだけど、こちらは1000円前後のメニュー。
安いのは有難い。
ところが本日は漁が上手く行かなかった等という事で、鮮魚系のメニューが無かった。
しょうがないので天ぷらそばを食って、お土産を買ってから出発した。
ここは結構満足出来た。

ここでガソリン給油。
iPhone 004

往路174km/5.7L = 30.5km/L
燃費ええねぇ。
つか、セルフの癖にガソリン代が高い。
給油が終わってから、一路伊豆スカイラインへ。

ここで、少々道に迷い・・・
まさかの

痛恨の立ちゴケ・・・

生まれて2度目の屈辱。
ガソリン満タンだったのが仇となる。

1度目と同じく、上り坂でUターンしようとして失敗。
風呂上りでボヤボヤしてたのと、意外に疲れてたのとで、足が持たなかった。
あー歳取ったなぁ俺。

慌てて確認したが、限界まで耐えて着地させたので、傷は軽微。
折れ、曲がり無し。
アンダーカウルに小傷。
ブレーキレバーにカスリ傷。
これなら簡単に修復できる。やれやれ。

電装もOK。
エンジン・・・掛からない。

結構な下り道なので、押し掛けは出来る。
原因はなんだろう?
キャブのフロートからガソリンがジェット類を通してふき出したか?
その場でタバコを一本吸って、5分程休憩。
そろそろか、と思ってエンジン始動。
上手く動いた。


傷は軽微なので、気を取り直して伊豆スカイラインへ向かう事にした。

初めて来たけど、これは確かに良い所。
iPhone 005

SS乗っている人が集う理由も分かる。
が、しかし、これ以上コケる訳にも行かないので、自分はボチボチ走る。
この辺になると、体力も無くなっていて、腕もあがっているしね。

今日はたまたまなのか、平日だからか、殆ど通行量が無く、快走。
家の近所にこんな街道があればいいのになぁ。

このGSX-R250はしかし、乗り易い。
まだリアサスもしっかり動くので、ギャップもしっかり吸収してくれる。
アクセルオンオフに過剰に反応せず、思った様に曲がる。
旋回中に仕方なくリアブレーキをあてるような場合でも、急に車体が起き上がろうともしない。
マルチにしては軽い車重もプラス要素なのかもしれないけど、エンジンよりも足回りが勝っている感じで、マッタリ走るには良いバランスじゃないかな。

iPhone 006

日も暮れてきたので、とっとと道を急ぐ。
スカイラインを抜けた後は、箱根新道→小田原厚木道路→東名→C2で帰着。
立ちゴケで反省し、自分が思っているよりも疲れているのかも知れないので、90分位に一度程度の小まめな休憩を取った。

渋滞はC2山手通り付近の地下道位だった。
まぁ平日夕方の東京方面行きなので、空いていて当たり前か。

自宅そばのセルフで満タンにして終了。
iPhone 007
母さん、東京のガソリンは安いです。

182km/6.04L = 30.13Km/L
トータルで
356km/11.74L = 30.32km/L

ほぼ高速だった訳だけど、良い燃費だと思う。
GPS-Trkの画面。
iPhone 008

疲れたけど、GSX-Rも喜んでくれたに違いない。