某イベントのせいで3連休が潰れたがな・・・
社畜は辛いですな。お金稼ぐのは大変なことです。

ヤフオクで流れていたジャンクパーツ
iPhone 001
キャブやらCDIやらYPVSコントローラやらゲッツ。( ^^)σσ
本命は電装品。残りはおまけ。
仕事が忙しくってなかなか見れてないけど、なぜだかSDRのリアマウントが入っている。

買ったはいいけど、よう入れんかったんやなぁ。めんどくさいもんね。 
リアマウントは暇が出来たらオクにまた放流しようかと思います。

キャブや電装があることから、レストア途中で断念ちゅーところでしょうか。

さてですね、例の某自作電装品ですが、レギュレータ探しの旅に出ています。
問題は5V系の電源ですが、3つ程試しましたが全て満足がいくものではありませんでした。
可変出力のレギュレータなら1.5A程度のものもありますんで、最終手段としてはこの手のものも考えたいとは思います。

富士通のAndroid端末で実際流れている電流値を測ってみたところ、400mA程度でした。
レギュレータが熱を持つと、どんどん電流が落ちていって、NJM7805FA(50円)だと瞬停を繰り返す様になります。
LM2940CT(コンデンサ付100円)にヒートシンクをつけたところ、最大370mAまでは落ちますが、そのまま電流は流れ続けました。(でもやっぱりメッサ熱い)
iPhone 002

ヒートシンクは結構でかいです。ケースをアルミ等にして箱まるまるヒートシンク化する手も考えましたが、ガソリンタンクの下に、このような熱源を持つのは気が引けます。
まぁ、、、ヤマハのレギュレータも結構な熱を持つようですが。

iOS6 001

しかし単純に脳内計算でおよそ2W程度の電気を熱で捨てているようなもので、そりゃ熱いですわな。

3.3V系は電流そのものが流れないので、たいした損にはなりませんが、5V系統の負担を減らしたいので、分離しました。
シャープのPQ3RD23(50円)を使うと12Vに直接つないでも殆ど熱を持たなくなりましたのでこれでOKかと。

さて、5V系統ですが、ダイソーとかで売っている12VUSB充電器はDC-DCコンバータ(MC34063互換製品)で実現しているようです。
実装面積が多少犠牲になるかも知れませんが、安定を目指して最終的にはそっち方面か、スイッチングレギュレータも試してみようかなとか思っています。
どちらにせよ、勉強しないといけない事がまだまだアリヤス。

なんというか、個人的な範疇でやっているのであれば、もう少し適当に作るのですが、人に渡して実験してもらうとなると、流石にカエゥさんの様な不具合耐性が異様に強い方でも話は別なので、ブレッドボード上に戦場を移して戦っています。
一部楽しみにしてくれている方々、遅々として進まずすんませんです。 

まだまだAndroidとの接続も不安定なところがありまして、回路含めてボチボチ直していく必要があります。