PIC12F683で作成中のYPVSコントローラ。
今日は天気も良かったので、取り付けてみることとした。

まずはその前に、キャブをノーマルに戻す。
MJは175。
iPhone 002

ジェットニードルも元に戻すけれども、ワッシャーを一枚噛ます。
iPhone 003

これで大体1.5段下げ位かな。

YPVS12Fは取り付け場所がやはり無い。
しょうがないので、フレームに取り付ける事にした。

問題がいくつか。
まず一点目は場所の問題。
短めにケーブルを作ったので、フレームにつけるのは結構苦しい。
ノーマルのYPVSコントローラを外して、そこに設置すれば余裕なのだけど。

次に、振幅が収まらなかったこと。
ワイヤーを少し強めに張ればなんかなるかと思ってやってみたところ、今度は全く動かない。
iPhone 004

ビビリ全開の400mAのポリスイッチ
じゃぁ容量が足りなかったのかも知れない。

次に、エンジンのパルスが取れないみたいで、エンジンをかけてもYPVSが閉じない。
エンジンは一発で掛かったけど。

とりあえず、PIC12Fに入っている電圧波形をとってみた。
iPhone 005

ん〜?
無題2

スイッチが入る2Vのレベルに遠く及ばない。
抵抗値間違えたか・・・。

う〜む。
改良点が幾つか見つかったので、修正するか〜。

最近は16時を越えると暗くなってしまうので、作業時間が短い。

うーん。早くバイクに乗りたいなぁ。