シリーズオイルシールはこちら
SDR:クランクケース右側シール挿入
SDR:クラッチ側オイルシール・・・
SDR:クランク右側オイルシール
SDR:右クランクシール続き
SDR:左クランクシール
SDR:エンジン左側のオイルシール続き

クランク右のオイルシールが来たで〜。
バイク屋のお兄さんに「これ何の部品?」て聞かれた。
クラッチのプッシュロッドですよ、と答えたら「あ、いや、何のバイク?」と聞かれた。
部品番号が「1W1」だったので、YZ125とか思ったんだろうか。

プッシュロッドはチョイとだけ改良されてた。
iPhone 013

ネジが大きくなってただけなんやけどね。
iPhone 014

交換したプッシュロッドは結構チビてる。
iPhone 015

新品買って気がついたんやけど、先端の変色は最初からやったんやね〜。
なんか焼いて硬くしてるんやろか。
iPhone 016


さて、続き。
iPhone 003
届いたオイルシールはなんとなくウォーターポンプのオイルシールに似てる。

とりあえず今ついている
ゴミ
を取り去らないと。 

先日SNSで「なんか除去するいい方法ないかいね」と聞いたところ、
(1)「ピックツール」
(2)「クランク割れ」
(3)「クランク割るのが普通」
(4)「ピックツールで気合」
というご意見を頂きました。

クランク割るのは結構面倒で、また工具貧乏になりそうなので、4番ピックツールで気合と相成りました。

んでやってみる。
iPhone 004
 
ぬけん
足でエンジン押さえて「う〜ん」とやったが、スライドハンマーでも無いと無理。
上級者なら専用ツール作ってサクッとなんでしょうが。
次にバーナーで炙ってみた。
あんまりやり過ぎてクランク変形しても怖いんで、恐る恐る、だが結果は変わらず。

しょうがないので、やりたく無かったけどウエスを詰めてリューターで少し削った。
鉄粉が飛ぶのでCRC吹きながら。
ホンマなら絶対やらない方が良いというか、全く人にはお勧め出来ない。

少し削った後、マイナスドライバで少し叩き込んだところ、1mm弱程度押し込める事がわかった。
一旦全周を押し込んで、ピックで引っ張り出す
これを3回繰り返したところ、まずリップ部分が抜けた。
4回目、スポーンとシールが抜けた。

バーナーで軽く炙った後、叩き込み、引き抜きを繰り返せば削らなくても何とかなる気がします。

・・・ゴミが出てきた。
iPhone 005

錆てるのが非常に気になる。
クランクベアリングも良く見てみると、錆が移っているような。
iPhone 007

このまま軽くCRCを吹いた紙やすりを当てて掃除、キッチンペーパーで拭き取った。
その内クランクは一回開けた方が良いのは間違いないなぁ。
気持ちだけ、ZOILをキッチンペーパーに取ってベアリングに垂らしておいた。

オイルシールはある程度覚悟はしていたけど、そのままじゃぁ入る様子もありませんので、叩き込む事にします。
ウォーターポンプシールの時の様にネジ込みが出来ればいいんやけど、無理なので色々と考えた末、水道配管のTS継ぎ手を買ってきました。
95円也。
まるで専用ツールレベルの具合の良さ。
iPhone 009

これとプラハンでコンコンコン
iPhone 010

コンコンコン
まっすぐ入る様に慎重に慎重に。

ゴンゴンゴン
慎重に、、、


バシバシバシ
う〜ん(´A`)


バシコーン
バシコーン

入りました。
iPhone 012
明日また明るくなってから続きをしようと思います。