Livedoorニュースにこんな記事が掲載された。

ほとんど死んでいる”と噂された第3のモバイルOS  「Tizen」端末の動画コメント欄がさっそく炎上中

TizenといえばNTTドコモのお家騒動まで起こして迷走中のOSであるが、これは誠に残念な事にモノになる事はないのではないかと思ってる。

コメントにあるとおり、Googleというパワープレイヤーが推奨するAndroidに勝てる要素は「技術的」には十分あるけど、「ビジネス的」には全くと言って無い。
これらの携帯電話を買う会社は主に携帯電話会社(キャリア)になるのだけれども、携帯電話の普及率はとっくに100%を超えており、なんだかんだ言って消耗戦に入りつつある。
過去の歴史が教えてくれる通り、このような成熟市場では価格競争が主たる戦場になる。
キャリアは今必死に携帯電話の回線を取る為に価格競争を行っていて、携帯電話を製造するメーカーもその余波に晒されている。

Appleを除く携帯電話メーカーは正直言ってグローバル市場で売れる端末しかもう作れない。
台数が稼げないと端末調達価格が高騰してしまい、キャリアに納入できなくなるからだ。
もはやAppleとAndroidという2大OSで寡占された市場で、新たなOSを搭載した端末を開発し、テストし、Androidより売れないが故にAndroidより安くしなくてはならない品物を売ることは出来ない。

技術的にもGoogleの作るAndroidの本領はGoogleがネット上に展開するクラウドサービスであるので、いくらOSが優良でも「ビジネス的」な観点で勝てるとは到底思えない。

この記事を見て、少し昔の事を思い出した。

Tizenはそのプロジェクトの根底にLiMoを含むらしい。
LiMoというOSはその設計思想がフィーチャーフォン全盛時代に作られたのだけれども、たまたまACCESSのCTO、いや天才プログラマーと言ったほうが良いのかな、石黒邦宏さんという人と関わる事になった。
この頃2〜3度この石黒さんという人とLiMoに関するMTGで話をした事があるのだけれども、最初にあって数分話をしただけで、あぁ、もうこの人は違う、と分かった。本当に天才。
その人がプレゼンしてくれたUIは、(当時としては)そりゃもうぶっ飛んでた。
この人の凄いところは、技術屋さんとしても超一流なのだけれども、お客さんの視点をよくよく考えてモノ作りをしているという事だった。バランスが凄く良い。
似たような人ではサイボウズCTOの畑さんが同じような感じ。(この人は石黒さんと違って定時以外はずっと飲んでたけど)

あぁしかし、ため息が出てしまうけど、 この人のセンスはフィーチャーフォンな頭で垂直統合しか経験の無い様な人達には全く理解されないだろうなと思っていたら、やっぱりそうなってしまった。
Googleはこの石黒さんレベルの人が多数蠢いていて、それがトップも含めてってんだから、スピードが全く違う。
あーだこーだとビジネスの話を詰めている間に、LiMoはちょっと機を失ってしまい、Tizenになり、さらに複雑になったプロジェクトの中で、あのUIは失われてしまった感じ。
本当に残念やな〜と、今でも思ってます。