SDRはマイナーで旧車なのですが、未だにクァンタムのサスペンションとか買えます。
クアンタムはお金を出せば買えるというだけで、お金が無いので買えません。
車両購入価格より高価なサスペンションなんて要りませんです。はい。

iPhone 003

このSDRは購入価格が7万円でありまして、その後プラモデル感覚で色々やっちゃってるのでボチボチお金が掛かってます。
けど、しかし高価なパーツは全然付けてません。
いや付けれないってのが正直なところなんですが。
恐らく2万円を超えるパーツはタイヤ等の必要経費のもの以外は今後も無いかな〜。
なお、プライスレスのパーツは沢山ついてます。

という事で長い「クァンタム買えません」の前振り終わり。

前回、前足を体重75kgにぴったりなスプリングに入れ替えた時にダンパーは大丈夫かいな、と思っていたのですけれども、SDRと3WPのフロントサスペンションの中身はスプリング以外全部一緒でした。
シートパイプ位は違うのかな〜と思ってた期待は見事に裏切られましたが、乗ってみて問題なかったので、これで決心が付きました。

リアサスもスプリングだけ変えてしまえ計画発動っす。

スプリングだけなら安く上がりますんで、まずはSDRの設計体重60kgを75kgに変更するにはこれが最もリーズナブルです。

今、普通に手に入るスプリングとしては
アイバッハ
ハイパコ
等が通販でスプリングレートや自由長を色々と選べるんですね〜。
ある意味吊るしのオーリンズ買うより全然理想の形に近づくんじゃないかと思います。

アイバッハのスプリングはおよそ1万円前後。
オーリンズの純正にも使われているスプリングですから、これはお得といわざるを得ません。
色が黄色じゃなくて赤い位なもんです。
ハイパコは2万4千円位ですが、直販可能で、オンラインショップでポチポチして行けば買えちゃう気軽さが魅力。


これらに加えてオーリンズ等のスプリングをノーマルサスに取り付けるのに問題になるは、スプリング径です。
どれも内径58mmという規格品のサイズで、SDRのリアサス(55mm)には少し大きいので、そんままでは取り付けが出来ませんです。

そこでこんな物を使います。
60118414

SDR200の純正サスペンションに内径58个離好廛螢鵐阿鯢佞韻襪燭瓩離▲瀬廛拭爾任垢、忠男レーシングここで扱っておりす。
別途ベルーガさんのところでも扱ってますね。


これを取り付けると、ノーマルのリアサスにハイパコでもオーリンズでも何でも好きなスプリングを好きなバネレートで取り付ける事が可能となるみたいですね。
えぇ、マジで良いパーツですわ。
(ベルーガさん曰く、ハイパコは付かないとか言ってますけど、自己責任でなんとかなるんとちゃうかと)

スプリングのバネレートですが、さて何キロにしようかという話になるんですが、あんまり深く考えてもショウガナイのでざっくり計算します。

無題
 
SDRに60kgの人が乗った状態を設計値とみなします。
実際はガソリンやらオイルやら服等が入っているのでこれらを+10kgとして
すると
105kg + 60kg + 10kg = 175kg
これの半分をリアサスで支えるイメージで、87.25kgがリアサスの負担分です。
ノーマルのリアサスのスプリングレートが8.5kg/mm
なので、ストレートに考えるとちょうど1cm程スプリングが縮まる感じですかね〜。
勿論リンクを介しているので、実際はもう少し違いますけど、影響度は殆ど線形で出るのでスプリングレートの比較を考えるにあたっては無視して良いかと。

さて、75kgの人の場合、
105kg + 75kg + 10kg = 190kg
リアサスの持分が95kgですわな。
1cm程縮めるには9.5kg/mmのスプリングがよろしい感じです。
という事で、スプリングレートは9.5kgを選択すれば、だいたい60kgの人が乗ったSDRと同じ様な感じになるんじゃないかと。
ベーヤタさんのアドバイスである9.5kgと一致しますし、これは確信。

イケる!イケる!全然オッケー(ベーヤタさん風)

この程度だとダンパーはあんまり影響しないんでしょうね。
というか、スプリングレートの方が車体の姿勢にモロに影響するので、後回しでもええかなと。

ちゅーことで、アイバッハで試してみようかと思います。
大体これで1万7千円〜ですから、サスとしては格安かと。
パチンコで万が一大勝したらハイパコの9.5kgチャレンジしてみようと思います。

フロントのスプリング変更してから、もっと走りたいと言う気持ちが止みませんで、これにリアをもう少しマシなものにしたらと想像すると、、、。
ようやくSDRがSDRらしく走れる様になりそうです。
3WPのスプリングを体験せずに、吊るしのクァンタムとかオーリンズ入れてたら、恐らくこんなに楽しい事が待っているなんて気が付かなかったかも知れません。

まぁ普通に走れるのがイチバン。

 シリーズ70kg超対策
(1)SRX250(3WP)の車重はSDRの+17kg
(2)SDR200:幕張オフとサス交換の結果
(3)SDR:後ろ足〜クァンタム買えません
(4)SDR:後ろ足がアイバッハ
(5)SDR200:体重70kg未満の方はお帰り下さい|サスペンション交換のインプレ