土曜日にベルーガさんに頼まれて秋葉まで行って来ました。
話は単純で、どこに何を売っているのかを教えて欲しいって事で。

今回色々と急な作業をやってもらったりしてましたので、ま、良いです。
とっとと帰ってアイバッハのサスの乗り味を試したかったので、夜のSNSのオフ会は行くつもりは無かったのですが、やっぱり捕まってしっかり飲んで帰りました。

飲み会でアルモクさんが「イデさんから預かってるよ」と言いつつかばんから出したものがこれ。

iPhone 001

4ミニ好きな人ならわかる鉄板パーツ、ヨシムラMIKUNI TM-MJN24ですな〜。
鉄板過ぎてカスタム感は逆に無くなって来てて、今では逆に使っている人少ないのとちゃうかな、と思ったりします。
MJNのおかげで割と適当にしてても走るらしく、4ミニ廃人にはツマランという事なのかな。

ヨシムラカムのST-1がST-2の箱に入ってましたので、交換後の不要パーツってなところでしょうか。
iPhone 002
 
ここを見るとそこそこ使い込まれた後がありますね。
ST-2を買ったということは、ヘッドも変えたのかな。

ただし、縦型100のエンジンには超鉄板のXR80カムがありまして、キタコや武川含めて社外カムをつける強い理由って無いかなーと思います。
ヘッド要加工だし、、、。

XR80は何度も何度もバックオーダーが掛かり復活する不死鳥の様なカムですね。
2013年にはNSF100のカムとXR80のカムがロット単位で梱包間違いがあったそうで(検索すると沢山ヒットします)、まだガンガン製造している事を知りました。
目視で明確な違いがあるので、発覚したそうですが、こんな事もあるんですね〜。
NSF100のカムは使った事無いですけど、ホンダ純正なんで安全マージンは(例えレーサーと言えども)とってあるんでしょうかね。
NSFにXR80カム入れると基本速くなるそうですが、ほんま凄いカムです。
ホンダ純正だけに丈夫ですし、ヘッド加工は不要で、(しかも純正だけに社外品よりお安い)安心して使えるってのがメリットです。
その辺のレースに遊びで出場するレベルなら、社外品カムは要らないと個人的には思います。


キャブ本体もそこそこ使い込まれているとは思いますが、ぱっと見た限りは大事に使われていた感じが伝わってきますね〜。
DE耐を始め、数多くの100ccレースのキャブ規定が22φに絞られた事や、それに即応して発売された純レースキャブのCRmini22の発売、そしてCRmini-MJN22、そもそもレーサーXR100純正キャブで扱いやすくパワフルなPD22の存在だったりと、TM-MJN24は少し微妙なポジションになってきていると感じています。

ま、しかしMJNシステムは誰がどう考えても効率が良さそげ。
(TMR28用にも出してホスィ)
一度その味を楽しんでみたいと思います。

最近はあんまり触ってなかったのですが、4ミニは慣れると道端で3分あればジェット交換可能で即全開可能です。
キャブ設定の腕を上げるには本当に良いと思います。

と言っても、今時はインジェクションでポチポチするだけですから、こんな腕は要らんのですけど(笑)