レーサーであるシマユウ号の動くバックアップ機になりつつある我がSDR。
今日はスーパーブラックジャックチャンバー2の最後の仕上げでサイタマーまで。

俺がブログ書かないと、アルモクさん病気かしらって言われる日も近いな・・・。
BlogPaint

いやホンマレーサーって大変。
でも流石にとりあえずやる事は全部終わったので暫くサイタマもないでしょう。
たぶん。


首都高C2から5号で埼玉へ。
到着したアルモク亭ではいつもの如くアルモクさんが
「お、このスイッチ押しに来たのか?」
と、セルモータースイッチを指さす。
SDR230ランツァはセルが付いているので、毎回押さなければならない。
これはもう儀式なので諦めて俺も押す。

きゅる、ぼぼん

相変わらず糞掛かりの良いエンジン。
ハラタツワー

マリオチャンバーはマジでいいチャンバーだった。
ノーマルのエアクリーナーボックスの時は下が無いチャンバーだなぁって思っていたけど、エアクリをデュアルサイクロンにしてからは下も上も面白い位パワーがあった。
IMG_8382
8,500rpmからノーマルでは絶対に味わえないパワー。
キャブもそのままでポンとつけるだけ。
大きな谷も無く、とても乗りやすいチャンバーでした。

が、しかし

やはりスーパーブラックジャックチャンバーの弾ける様なパワー感もこれはこれでなかなか良いんですよ。
弾ける様なというのは、ヌメっとしたところが無くて、一発一発のトルク感を感じながら走るイメージ。

このSBJチャンバーをマリオチャンバーを使っていた島田優選手に貸すとフロントポンポン浮いてくる様な状態だったらしく、桶川あたりでは武器になりそうという事で長期レンタルになってしまった。

交換でマリオチャンバーを付けていたけれども、そろそろシーズンって事でマリオチャンバーも返さないといけない。
だけどSBJは帰ってこない。
結果としてアルモクさんはもう一丁SBJチャンバーを作るハメになってしまった。



早速作業開始。
暫くお世話になったマリオチャンバーを外す。
IMG_8383

「んじゃ俺チャンバーやってるからメーターパネルやっといて」
という事でまたもやレーサーシマユウ号の電装をやることに。
IMG_8384
 
こっからまぁ、随分と時間をかけてチャンバー作ってました。
IMG_8386

いや〜これは本当に大変な作業なんやなと。

色々な作業の合間にこの間アルモクさんが八千円で購入したレノボをWindows10にアップデート。
RCDIの設定アプリもインストール。
IMG_8388
このマシン、64ビット版Windows7が入っていたので、Wndows10の64ビット版をインストール。
お買い得と言わざるを得ない。


徐々に出来ていくチャンバー。
ちなみに部材は横浜のかずさん提供。
IMG_8389
 
今回はエンジンとの接合部分はノーマルをそのまま利用。
勿論中身はくりぬかれてる。
流石ノーマルっていうのか、エンジンに取り付けただけなのに、宙に浮く位しっかりと付く。
エンジン排気口としかくっついてないのに、そこが膨張室を含めた全重量を支えている。
ガッチリ。

その間、チコチコとレーサーシマユウ号を弄ってるとアルモクさんが
「なんかその姿、毎週見ているようだわ」
という。

いや実際毎週見てるんだよ

チャンバーは色々と角度を見ながら、結構いい感じでつきました。
IMG_8390
 ノーマルの部材をうまく再利用して、強度を確保してある。
IMG_8391
 見た目は悪いけど性能は折り紙付き。
IMG_8392
 
どうせどっか穴が開いてて排気が漏れてくるから、塗装はまだしない事との事で。


んで帰りの首都高速。
ここんところ、毎週通っているC2から5号の道。
エアクリはデュアルサイクロン、PJだけ一丁上げの状態。

あぁ、やっぱりSBJチャンバーはエエで

アクセルを開けると、どこからでもガッチリついてくる、このトルク感。
まさに弾ける様な感じ。
6,000〜8,000rpmは無敵。
マリオチャンバーよりも出力が出てるのはパワーチェックの結果でも分かっている。
参考:SDR200:パワーチェック@和光 島田優号と準ノーマル比較
参考:マリオチャンバーNo.1のパワチェとSDR230の試乗とか
9,000rpm以上は捨てて、全域の乗りやすさ、パワフル感を出している。
首都高や市街地ではSBJの方が確実に乗りやすく速いと思う。

でも上は9,500rpmで終わり。回らない。

マリオチャンバーとの違いはまるっと1,000回転パワーバンドが低い、って感じ。
こちらが8,000〜10,000rpmをメインとすれば、SBJは6,000〜9,000rpmが主戦場。

ヤマハは絶対に内部パンチングが無い状態でベストのチャンバーを作ったんだと思う。
そしてこのチャンバー作った人は天才だと思う。

シマユウ号はヘッドを弄っているので、実はSBJチャンバーととても相性が良いのでは無いかと思ったりしてます。