津村選手の練習風景がアップされました。

 

これでエンジンに問題抱えてるとかwww

どんだけなんよ・・・。
先週、今週の比較動画もありましたが、しっかりタイムアップしている様子です。

更に桑原エンジニアリングの秘密兵器も公開されております。
http://blog.ap.teacup.com/kuwaeng/277.html

これいいなぁ・・・。
フロントじゃなくてリアこそ、このスラストベアリング効くと思うんですよ。
本当に和歌山の人は幸せだと思います。
こんなになんでも実現できるバイク屋さんって東京にもなかなか無いですよ。
TZKさんから聞いた話だと、あんなもんやこんなもんまで作っていてマジで凄いです。

同じ週のシマユウSDRの様子がブログにも動画がアップされてましたのでご紹介。
4月2日SDR桶川5回目




さて本題。

シマユウ号のチャンバー考察です。
現在島田選手は純正を改造したSBJチャンバーとマリオチャンバーをお試し中。
SBJチャンバーはフロント一丁上げてもパワーリフトしてしまうので、もう一丁あげようかなって話。
ツキが良すぎて乗り辛いんだそうだけど、まぁなんとも贅沢な話ですな。

TZKさんが色々と相談に乗ってくれて、スプロケ等を色々と考えてみた。
まずは現状の再確認から。

SBJは大体9,500rpmまでが実用域。
点火時期調整してもうちょっとイケるかなって思ったけど、その話はまた別途。
マリオNo.1は10,500rpmまでが実用域。
これは恐らくどんなSDRでもほぼ同じ。

ツクバで170/hは欲しいってのが島田選手のご要望。
まずは16丁で170km/hを出せるようにしてみると以下の通り。
リラッサル号でのSBJとマリオチャンバーの出力グラフを重ねてます。
2016-04-05
どちらも同じ出力で170/hで、恐らくほぼこれしか選択肢が無い様なイメージです。
タイヤサイズは適当な17インチを入れてますからその分変化はありますが、つまり、マリオとSBJではリアのスプロケ3丁分変えると各コーナーも大体同じ様なシフトタイミングで走れるって事です。
途中のコーナー等も考えないと駄目なので、さてどちらが良い結果を生むのか。

もう少し。
2つのチャンバーは殆ど同じ出力カーブで回転数が1,000rpm違います。(左)
これを減速機で調整して同じようなカーブにして重ねます。(右)
2016-04-05 (1)

加速力はなんやかんやと言って出力で決まりますから、結論から言えば出力としてはマリオチャンバーの方が優秀です。

これがリラサル号データでの結論。
でもまだ考察が甘い。


話はそれて、こうやって並べてちょっと思った事。

まずマリオチャンバーの優秀な事。
image


1,000rpm分のマージンを削って高い出力と広いパワーバンドを得ている。
高回転な分出力も上がっている。
これをノーマルのCDIで乗るなんてなんて勿体ない。
正直他のチャンバーを装着した車体も乗った事はあるけど、ここまで綺麗なパワーカーブ出すチャンバーは純正以外にはないと思う。
8,000rpmでちょっとダルイけど伸びやかな回転の落ち込みで気持ち良い。

次に純正SBJチャンバーの優秀な事。
低い回転数でしっかりと出力を出してて、扱いやすくマージンが高い。
このチャンバーの効率はかなり高いと思う。

21世紀に現代の技術と高い職人技で作られたマリオチャンバーと、このぶ厚い鉄のチャンバーが殆ど変わらないんだもんね・・・。
純正チャンバーの設計意図はSBJで、あとからパンチングやら逃がしの凹みやら巨大なサイレンサーが付いたんだよな〜って事。
30年前にこのエンジンの為、この車体の為に作られたヤマハの傑作チャンバーだと思う。
sc1
この長いとぐろとなだらかなテーパーが低い回転から広いパワーバンドを生み出してます。



で話を戻して。
この出力カーブはあくまでリラッサル号にポン付けした状態のもの。
出力カーブ@回転数はシマユウ号と変わらないので、まぁこういうチャンバーの性格なんでしょう。
一点分からないのは、シマユウ号に取り付けたSBJの出力特性。
マリオからSBJに変えて、フロント一丁上げてパワーリフトが収まらない。
なおかつ桶川で最高速をマーク。

シマユウ号は更にリアのスプロケットを変更して対応するとの事なのですが、はてどうなってるんだろう?


万が一ですが、SBJのパワーチェックの結果、ピークパワーがさほど変わらない様な結果が出たとしたら、マリオチャンバーを使う理由は希薄になります。

TZKさんと電話で話している時に、たかが1,000rpmしか違わないのに、と言ったら
「その、1,000rpmが、大きいんとちゃいますか」
と。

うん、、、確かに。1,000rpm抑える事で得られるメリットはとても大きいと思います。
熱的な問題が一番大きいとは思いますが、それ以外にも変速ショックが少ないとか燃調が簡単だとか色々。
一瞬のピークパワーだけあればレースに勝てる、という訳ではありませんし。

現状データで見る限り、出力ではマリオチャンバーが優秀だろうと想定されているけど、実際はそうでもなさそうって事と、その他いろいろな条件が重なって、純正SBJチャンバーという選択肢は十分あり得そうというのが現時点での話。

ここまで整理した状態で、次に進みます。
シマユウ選手のSBJへの慣れも必要ですし。