東京高裁の岡口裁判官の「えろえろツイート頑張るね」事件のニュースが流れた。
口頭注意で済んだらしい。

これで首にならない法治国家日本。
それじゃ法治国家じゃなく放置国家だろ〜
と500人位がニュースを見ながら突っ込んだらしい。マジで。

いや〜このオッサン自身の亀甲縛りの写真とか、誰が得するんやろか。
一周回って腹も立たない。



さて、カプラの話。
TM32SSキャブレター マイコン制御の必要性の続き。


RGV250ガンマのソレノイドは二種類あって、現在はVJ23のものを付けている。
だけど個人的にはスッキリシンプルなVJ22のものにしようかと思ってるとは前回の通り。

VJ23タイプの問題は大きさと値段。
自分は1000円位で買えたけど、、、最近高価なんよね。数が出回ってないからだと思う。
 IMG_0239
二個使わないならこれは大きい。

イデさんやTakeyanさんは旋盤あるんで自力で作っちゃいそうだなぁ。
ドリルで穴掘るだけやし。
IMG_0240

アルモクさんが施工するんだったら問答無用で半分に切るな、これは。
バッサリと。

最小サイズになるのは、ミクニソレノイドの一個口なんやけど、ないもんはどうしようもない。
作れないからしゃーない。



VJ22のソレノイドはこんなもん。
IMG_0209

背中についた6个離椒襯箸鮓てわかる通り小さい。
これで用が足るなら我がSDRにも簡単につけられる。

もともとリアブレーキのフルードタンクがついてた場所。
今はVJ23のソレノイドが付いているけど、ここにピッタリとつけられる。
IMG_0122

サイズが小さいので電装プレートの裏とかでも良いと思う。

ここに最終的にはVJ22のソレノイドをつけると良い感じかな〜と思ったり。

カプラは結局これでした。
30547026_o1

ネットに情報が無かったのでバクチですが、なんとかセーフ。

いつもいつも配線コムのこの一文。
IMG_0222

超小口なのに手間かけてもらってすいません。
後、ここが多様なカラー電線を準備してくれると、もうワンストップでバイクの電装はOKになるんやけどね。

これは端子が70型で、流石にもうエーモンの電工ペンチじゃどないもなりません。
色々と評判の良いホーザンのP‐706。




配線はとりあえず余っているホムセンの二軸。
IMG_0223


流石にキチンとカシメられます。
配線コムの説明通りにやれば大丈夫。
IMG_0224

やっぱり最後は道具やな・・・。

防水カプラは抜き差しが固いので、電線がギポシから抜けない様に最後にハンダして出来上がり。
IMG_0225


実際にはめてみるとガッチリはまりました。
IMG_0226




そういえば、FusionPCBに頼んだエアソレノイドコントロール基盤が未だに生産中なのが気になる。
相変わらず製造期間が長い。
ウェブサイトに色々と不備があるのでメールで少しやり取りしたところ、サイトを再構築中とのこと。
例えばGerberファイル(図面ね)をアップロードした際に表示されるはずのプレビューが無かったり。
なんでないのん?って聞いたら、いまリビルド中だって事で。
8月に間に合あわないかも知れないので、輸送は何時もの格安Singapore PostじゃなくてDHLにしたけどさ・・・。