あもも兄さんが「塗りまひょか?」と言って塗ってくれた、バラキートイエローの外装。

IMG_2475

リュックを背負っているのが原因なのか、角がちょっと削れてきた。
IMG_2528

この黄色は大事にしたい。
なので、ちょいちょいとコンパウンドで磨いて、保護シートをつける事にした。

IMG_2529
 


あの3Mって事で買ってみた。
半永久的に透明度を保つそうだ。

貼ってみると、結構伸びる。いやかなり伸びる。
確かにこれなら、かなり曲面が大いタンクとかにもはれそう。

まぁ保護シールなので適当に貼っときました。
IMG_2530

写真だと分からない位にはなったが、実物は正直シールはわかる。
でもまぁ傷がつかなければいいのだ。

RCDI2.2で、ピックアップに乗るノイズを無視する処理にして、結果は良好だったのでRCDI2.3にも投入。
果たしてこちらではどうか。
気になるので今日ファームを書き換えてつけてみた。
 
IMG_2524
 
問題があればプープーなる仕組みは入れたまま。

いつもの様にタンクを外していると、、、

ガソリンコックのステーがモゲた。
IMG_2526
 
あらまー・・・
何度もつけたり外したりしているからよね。
片方はまだついているから、まだいける。

これは今は見なかった事にして、RCDI2.3を取り付けて、とりあえずキック。
エンジン掛からず。
5、6回キックしてあきらめた。


あれ〜?
脳内ソースレビュー。
別段変えてないし・・・

あ、そうか。

古い設定ファイルを開いて、それを書き込んだので、
リミッターが0rpmで効くようになっとるわ
IMG_2527
 
リミッターを1万2千回転にして再起動。

無事エンジンはかかる。

とりあえず走ってみるけど、どうも調子が悪い。
点火時期とかそういう感じじゃなくて、これはキャブかプラグか。
1速アクセル半分位でエンジンが回りきらない。2速以上は大丈夫。
春先によく体験したこの感覚。

濃い。

最近気温がぐっと下がってきているし、チャンバー純正に変えたし、まぁ当然なのかも。
どちらかと言えば純正チャンバーが影響が大きいのかな。
SBJと比較して容量が小さくなったチャンバー部とサイレンサーのせいで、ちょっとチャンバーから燃料戻り過ぎてるんだろうなぁと思う。

純正チャンバーなので、純正エアクリに戻すかどうか。

純正エアクリ装着の時は、もう完全にエアクリーナーで空気の流量が決まっていると思っていて、実際マリオチャンバーNo.1装着の際に、エアクリ改造したら「かなり」具合が良くなった。
SDR200:なんちゃってパワフィルサイクロン仕様
恐らく、ノーマルのエアクリに戻すとどんなチャンバーに寄らずセッティングも決まりやすくなるんだと思うけど。

しかしまず、モゲたガソリンコックのステーをどうするかって話から先だろな・・・。
ちょっと濃い分には、さしたる問題はないし。
これまた宿題。