重要な結論を先に書いておくと、ドライブシャフトシールはピッキングツールで意外と簡単に取れます。


アルモク亭で久しぶりに直さんに会った。
最近すっかり革細工職人になった直さんが持ち込んだグッズはこれ。
IMG_3120
 
こ、、、細かい、、、
こういうのって、プロじゃなくても作れるのね。
財布とかも見せて貰ったんだけれども、まぁ〜やっぱり凝り症な直さんなので、作りが細かい。

制作記などの詳細はこちら。

でこちらはお返しにRCDIキットを渡してきました。
まぁ直さんならどうとでもするでしょう。 
IMG_3121

直さんはSDRの保険が切れているって事でSRXで来てました。
相変わらず綺麗にしてますね〜。
IMG_3122
直さんは先日手に入れたSS ISHIIのアナログ水温系を取り付ける為にアルモクさんにお願い事があったそうで。
その様子は多分直さんブログで詳細が記載されるでしょう。
 

さて我がSDRは、腹黒エンジンのドライブシャフトオイルシールと、クランクシールの交換がネタ。
せっかくなので、チェーンやスプロケも交換します。

5年使ったSFRのチェーンの伸び具合はこんな感じ。
上が新品、下が5年物。
IMG_3123
正直まだ使えた気がする。

リアスプロケット。
手前が純正。30年物で2万キロ位?やろか。
後ろがサンスターのアルマイト。
IMG_3124
 正直まだまだ純正は使える。
 
フロントスプロケット。
こちらは相応に痩せている。
IMG_3126
でもまぁ、まだ使える。

交換せんでも大丈夫やったかな。
スプロケ硬くなってシールもひび割れしてきていたので、これを機に全部交換でもええかなと。


さて、スプロケまで取っ払いすると、ドライブシャフトが見えた。
オイル漏れしてますな〜。
IMG_3128
 
更になんとなく、なんとなくだけどドライブシャフトが振れている様な・・・。


うーむ。

ナラシを初めて200勸未覆鵑笋韻鼻▲┘鵐献鵐イルは割と汚い。
IMG_3133
 
うーむ。
まぁこれは一回目のオイル交換やしね。様子見。

ドライブシャフトのシール解体はアルモクさんがドリル片手に開始。
IMG_3134
 
シールの奥にはベアリングがある。
なのでベアリングにドリルで穴をあけてタッピングビスを突っ込み、ベアリングのうまいところにあてて抜き出す作戦。
kouzou

クランクシールは最初から穴が開いているので簡単に出来るんやけどこちらは開いていない。
なのでドリルで・・・という話。
シールの鉄板はペラペラの薄い奴なので、簡単だろうと。
注意が必要なのは、ベアリングの硬いガイド部分に当てないと駄目だという話。
IMG_3130


電動ドリルで穴をあけにかかる。
「うーん、結構硬いなぁ・・・」
ガガガガ

いやぁペラペラやし、そんなに硬いって事はないでしょ。
「うーん、でも全然ドリルが前に進まないなぁ」 
ガガガガガガッ

オカシイオカシイって言っている間に、なんかシールがズレてきて、簡単に取れた。

取れたシールを良く見ると、とっくに貫通してて、ベアリング削っていたっていうね。
・・・(^ω^;)そりゃ硬いわなぁ。
 
まぁ穴をあけてビスで抜くって方法は一応あるんかなという事で、場所の記録を残す。
IMG_3138
 
IMG_3139

この方法はゴミがエンジン内に投下される可能性もゼロでは無くて、下手するとスプリングが切れてエンジン内部に落ちていく危険性もあるんで、やめといた方が良いかも。
シールの端っこを叩くと反対側が浮いてくるのでそこをゴチャゴチャやっていると抜ける事も分かったんだけど、こちらの方法がお勧めだと思う。
ここのシールはピックツールで簡単に抜けると思う。

直さんがここは打ち込み過ぎるので慎重にという事で、塩ビパイプという特殊工具で打ち込み。
これを使えば打ち込み過ぎる事は無い。
IMG_3140

この後、二次エアの疑いもあったのでクランクシールも交換。
戦利品。
IMG_3148
過去のシール交換の様子はこちら。


途中でキム兄さんもやってきてガチャガチャと組み上げる。
IMG_3142

手が沢山あるんで、特に労せず完成。
自分は分解しかしてない位・・・。
IMG_3141
 
まだ明るいうちに帰路につく。
今日はいきなり高速道路には乗らず、ひと区間程下道を走った。

振動は無いけど騒がしい。
スプロケとかチェーンが馴染んでないのが原因なんやろか・・・?

ま、そのまま高速に乗って帰る。

自宅でチェーンルブを追加塗布。
IMG_3143

で、やっぱり音が気になるのでもう一度見てみる。 
IMG_3145

クラッチを切ると静か。
クラッチをつなぐとうるさい。

アイドリングでジャッキアップしたリアタイヤを回せないんだけど、そんなもんだった様な、違ったような。
キャブ調整がヘボいってのもあるし、チェーンどうせ伸びるからとパッツンパッツンなのがイカンのかもしれないし、この辺りは追々探っていきます。

【追記】追った結果はこちら
ギアオイルの量には注意

後、動画前半部分見てて思ったけど、ちょっとクラッチが嫌な感じで滑っているのが気になる。
クラッチかなぁ・・・
まずはうるさいのをなんとかしたいよね。

キックペダルのガタも大きくてうるさいし、今考えると腹銀エンジンは細かいところまで本当に快適なエンジンやったと(笑)