土佐日記。

今全国的に大流行(?)のバイクのディンプル加工。
Fuoriserieさんのやっている事が拡散しているのが原因だと思うけど、Fuoriserieさんからすればもう何年も何年も前からやっている事なんよね。
不思議。

で、ラムエアコントローラとかTOEICとかやっている間に、周りで色々と試行錯誤が進んでおり、Takeyanさんに先にSDRに導入されてしまった(笑)

でも非常にまっとうに、計算の上、冶具まで作ってリューターも使わずきっちりとやってますねんで、仕上がり上々、吸気5%上昇って事で、これまた今後の展開がとても楽しみです。

んで、自分も少し考えてたものの検討を少し進めてみる。

取り出したるのは0.3个離▲襯瀏帖
IMG_3226
 
SDRのフロントフォークを10伉切ります。
IMG_3227
 
こんな感じ。
これは冶具になります。
IMG_3228
 
この輪っかに12佗、3亳のアルミ板を丸めてTM30SSキャブに放り込みます。
TM30SSといっても、インシュレータ側の内径は34φですから、ぴったり入ります。
IMG_3229
アルミ板はチト長さが足らんかった。 

TM30SSの内側には、0.5伉度の段差が10伉あるんで、ここでひっかかります。
IMG_3232
 
この状態でアルミをシバいていきます。
IMG_3230
 

するとアルミのこんな輪っかが出来ます。
ま、試作なんでこんな感じで。
IMG_3231

後はこのアルミの輪っかに外側から羽の形を叩き込みます。
ホーカー・シドレー ハリアーの羽についている奴みたいなの。
800px-Airforce_Museum_Berlin-Gatow_514


まぁそこまでは今日は出来ませんでして。
IMG_3233

実際試作してみてわかった事は、アルミ板は0.5个芭匹い辰討海函
0.3个世箸泙醒丙垢消えない。

また今度続きをやろう。