2017年02月19日 パワーチェック:ランツァとSDRのエンジン(1/2)
の続き。 

2りんかんのブログは数多くの店舗の店員さんが沢山エントリーしている。
なんだけど、たぶん恐らくアクセス数の半数位は和光2りんかんの、テリーかのうさん のエントリーなんじゃないかと思ったりする。

若手に「もっと面白い事を書けば〜」と言っているらしい。
なので、和光の女性の方が書くウェア系のエントリとかはーそこそこ面白いんだけど、まぁあのレベルまでPV稼ぐのは難しいやろね〜。
NR750のパワーチェックの様子なんて世の中どこを探しても無いし。
まぁなんといっても、あのエンジンが付いた乗り物に対する愛の力がヒシヒシと伝わる文章はね〜。

NRと言えば、最近このブログでNR、RC45とパワーチェック動画が続いた。
RC30は無いの、って言ったら「他の誰かがやったから」という。
RC40、RC45、と続いたホンダスペシャルバイクの長兄であるRC30が無いとは・・・。
団子三兄弟の一個目が無いようなもの。
って言っても、まぁお客さんのリクエストが無いとどうしようも無いよね。

兄貴のRC30は阪神大震災以来もう20年眠っているので、使えないし(笑)
IMG_3918
埃被っているだけでかなり綺麗です。
小さいバイクやった。


話が盛大にそれたので、アルモクさんのランツァエンジンを搭載したSDRのパワーチェックの話。
IMG_3913

このランツァエンジンはロングストロークなのが原因なのか、かなり乗りやすい。
ダルダルと乗っても速度は乗っているという不思議なSDRになっている。
やっぱり排気量の差ってのは大きいね。

こちらはRASCついているけど使ってないんで、普通に終了。
終わって直ぐに、「チャンバーが欲しいねぇ」との事。
chamber
※画像は利楽猿から見たイメージです

きらりと光るイケメンさんの白い歯。
結果。
170219_1657_001
違いは前回TM32SSと今回TM30SS位。
TM30SSはノーセッティング(ランツァ純正)。
40hpには程遠い34ps。

ついでにこれまでの履歴を作ってくれた。
170219_1657_004
キャブ関係ねぇ・・・。

かのうさん曰く、チャンバー容量が足りない感じで回らないって事で。
まぁ・・・SDRのチャンバーを無理やりとりあえず付けているだけなんでしょうがないですな。
逆に、あの中間特性のまま40psまで出るあのエンジン怖いわ。

チャンバーについては、アルモクさんはこの間鶴さんにランツァのチャンバーを借りていて、採寸して作ろうかと画策している様子。果たして。
IMG_3916

TM30SSでもTM32SSでも特性が殆ど変わらないって事は、もう100%チャンバーですな。
2ストなんで王様のチャンバーの言う事が全てですからね・・・。

細かい感想をかのうさんから聞いて、
「うーん、わかっていたけど、現実を直視したくなかった
とアルモクさんが呻く。
チャンバー作るの面倒臭い〜って事らしい。
ま〜面倒くさそうではあるね。溶接一杯。

しかしキャブを弄る前にチャンバーやらないといけないって事が明確に提示されたので、前に進むしかありませんな・・・。



そんなこんなで終了。
後日ランツァ純正チャンバー切った貼ったした時の結果はこちら

かのうさんがRASCに興味を持ったのか、写真を業界人仲間のFacebookで共有しても良いですか〜と言っていたので、もちろんドウゾドウゾと。
作り方から結果まで全部公開しているものですし。


ついでに「ブログはFacebookで共有すると拡散しやすいので良いですよ〜」とかアドバイスをくれました。
一応、利楽猿名義でアカウント作ってライブドアのブログをポストしていますが、Facebookは別にこちらから友達申請もしないので、なかなか増えませんね〜。友達11人(笑)
でも確かに、Thailandとも交流できたし、Facebookなかなか面白いとは思います。
実名アカウントは、まぁなんちゅーか、世俗にまみれて駄目ですな。
みんな晩飯オンライン位しかしてませんし。


余談。
パワーチェック中にかのうさんからご指摘があったのが、「ラジエター水漏れてない?」という話。
えぇ〜また壊れたんかいな・・・。
羅じえたの上部に緑色の水滴が確かに見えた。

でも家に帰ってみると漏れてない。
IMG_3918
 水をダボダボに居れたからキャップから漏れたのかな。
キャップも交換やろか。
やれやれ・・・。