PCBとはPrinted circuit boardの略。
パターンが印刷されている基板の事やね。

kiban

ちょっと前までは、エッチングという技法でなかなか手間のかかるものだったんだけど、海外等で個人でも発注できるプリント基板サービスが出て来た。
PCB海外発注は黎明期にPLIMEXというブルガリアのPCBサービス会社が良く使われていた。
今は休業しているけどその理由が海外っぽい。

We are sorry to inform you that the PCB prototype service is temporary suspended due to the lack of free capacity.

As you know we had long vacation in August and people was keep sending PCB prototypes even while we were on vacation, this created so huge backlog that we couldn't repond to all PCB jobs for more than a week after we resumed work.
簡単に訳すと、「ワイらは夏にロングバケーションを取るんで、仕事が溜まっちゃってどうにも首が回らないんだわ」となる。

最近は中国で安く簡単に発注出来る。
5年くらい前からFusionPCBというところが格安で品質そこそこ、というところが持てはやされ、誰でも簡単に基板を作れるようになった。
50 x 50 で1000円位。

ところがElecrowという基板メーカーが、さらに安く、また値段が高い非緑色の基盤も$10程度で作れるって事で急浮上。
FusionPCBの3倍速位で発送してくれる等、サービス性が比較にならない程高く、自作基板愛好家の中ではほぼElecrow一色になりつつある。
IMG_3949
FusionPCBはここのところ基板の質も落ちてきているのも要因の一つ。
2016年11月19日 RCDI2.2.2 Elecrow基板来着 FusionPCB比較

そんなこんなで、Elecrow独り勝ちの様相を呈している個人PCB業界なんだけど、最近PCBGOGO.JPという新たな業者が現れたのでご紹介。

Twitterに突然メッセージが届いた。
pcbgogo01

PCBGOGO.JP りょう
基板試作のご要望は御座いますでしょうか?PCBGOGO.JPは中華基板の製造販売業者で、1200円で基板を10枚ご提供いたします。
これがまたなんのメリットも感じない内容なんだけど、
新規登録の会員には、さらに10500円の割引クーポンをプレゼントしますよ。

とある。
そうか、そうか、ならばと会員登録してみた。

pcbgogo02

有効期限:永久
利用範囲:プリント基板製作、ユニバーサル基板、メタルマスク
最大割引金額:基板費の10%(残高から差し引く)
まぁそうだよな。
そんなうまい話ないよな。

でも1200円/10枚の10%オフなら、ちょいと安い。ほんのちょっと・・・。
pcbgogo03

見積もり取ってみた。
pcbgogo04
うーん、ダメだこら。
色々と弄ったら、2-3日の1200をクリックすると良い事が分かったんんだけど、ここで悩む位ならElecrow使うなぁ。
カラー10枚で同じような値段やし。

2-3日が本当なら確かに製造は早い。そこは良い。
でも日曜設計、翌週土曜日受け取りでも別に問題ないんよ。
後気になるのは発送業者がDHLしか選べないところ。
ElecrowならOCS/ANA Express が使える。DHLより安いし早い。

結局、Elecrowよりも高くついてしまう事が分かった。
うむ、まだまだやったね。

頑張れPCBGOGOのりょうくん。