TO-92ってのは標準化された電子パーツの形状の事。
こんな形をしています。
svg
ウィキペディアにも記載があります。
https://en.wikipedia.org/wiki/TO-92

OSR-CDIではこのTO-92パッケージのICが3つ程使われています。
これがまた小さい。
I-12465

5仄紊寮喫形。

ここのはんだ付けはやや難易度が高いです。
基板のパターンは昔はこんな形をしていましたが、
IMG_6446

今はこんな形になっています。
IMG_9806


自分はこんな風にハンダしています。

  1. まず真ん中の足をハンダする
  2. 一か所ハンダつけした後、指で押さえながらハンダし、しっかりと基板に密着させる
  3. 残りをハンダする

昔のパターン。参考まで。
こちらのやり方でも良いと思います。
 

コツはハンダをつけすぎない事と、電子部品に与える熱を最低限に押さえる事です。
なるべく細めのハンダ線の方が、少ない熱で溶け始めるのでやりやすいとは思います。
ハンダコテのクリーニングをしてから挑んでください。

この動画だと足は切ってませんけど、事前に足を切っておいた方がハンダはしやすいかもしれません。
というのも、長い足があったままだと、そちらに熱とハンダが逃げてしまうからです。