最近、PIC16F1455のCPU温度測定用のコードを書いて実験していた。
土日に終わらせようと思っていたんだけど、今日は和光2りんかんに行ってしまいました。

その顛末。

2017年に再販されたSDR用のジャッカルチャンバー。
その性能ってどんな感じなんだろう。
誰かしっかりとセッティング出してパワーチェックして欲しいなぁ。

例えば、最近SDRでサーキットランを楽しんでいるwhite-buellさん(以下WBさん)とか。
とても美しいSDRで、実に楽しそうにSDRを駆っている姿をブログやインスタで発信し続けています。
ブログ:A Life With The Buell #9
WBさんは今フロントサスをワンオフする位まで足回りをやりこんでいる。
ジャッカルを付けてキャブセッティングも進めている様子なので、丁度良いよなって感じ。

すると、金曜日19時49分、なぜか突然お呼ばれした。
念ずれば通ずる。
line02
すぐさま和光へ誘導。
これでジャッカルのパワーカーブが見れる!
WBさん、厚木方面でやや遠いので車載でくるとか。

その後、パチロクさんがXL125Sを見せてくれと連絡があり、
line01
こちらも和光に誘導。

土曜日。
13時30分にSDR二台のパワーチェックを予約。
自分もとあるアイテムのチェックをしたくなりまして。


ちょいとXL125のスポークなんか軽く磨いてから12時に出発。
今日は道が空いているので、なんか30分位で到着してしまい、テクテク歩いてきた狩野さんが「自分が時間を間違えたかと思った」と。
流石に12月。ピーク時の様な盛況さは無いなぁって思ったら、この後駐車場は一杯になった。
IMG_6840
パチロクさんがやってきて、WBさんがやってくる。
前日DIRT NIGHT見に行こうか、とか言ってたんだけど、飲んだくれてたので連絡が付かなかったアルモクさんもやってきた。

WBさんのSDR。
美しい。
IMG_6847
雰囲気あります。
同級生のバイク屋さんが3台持っているSDRの一台を譲ってもらいレストア、その後サーキットでうんぬん、、、という話の下りはWBさんのブログ参照のこと。

サスは現在前がSRX250、後ろがYSSの10kgf版が入っているので、殆ど利楽猿号と変わらない。
明日、サスの入れ替えをして走るそうで、インプレが楽しみです。
ワンオフのサスペンションの値段を聞いたんですが、、、思ったよりは安かったです。

これだけシャッキリしたSDRも最近無いし、サーキットや秋ヶ瀬辺りを走り込んでいるSDR。
パワーチェックが楽しみです。

このマシンは色々とお金が掛かっている。
ブレーキマニアの狩野さんがニギニギしながら「理想的」とかつぶやく。
何がついていたのかは忘れた。

タンクキャップはこんなの。
IMG_6846
よくわからんけど本物。
アルモク号には偽物が付いている。
IMG_6845
これは買ってから相当手直しをしたらしい。
まぁ中華は素材なんで。

とにかくよく分からんけど、利楽猿号やアルモク号には無縁の部品が沢山ついているのだ。

そのお金がキッチリ掛かっているマシンが測定室に入っていきます。
アルモクさんも自分も、ジャッカルのパワーカーブが見れると期待度MAXです。
IMG_6841

ただね、この時点で自分は
絶対なんかオチが付く
そんな気がしてたんよね。
これはもう、ニュータイプ的な何かとしか言えないけど、そう思ったんよね。

ちなみにお約束の話を聞いてみた。
これ何馬力予測ですか?
WBさん、暫く考え込んで
28馬力
と仰る。
ご本人は控えめに言うのが常なので、恐らく30馬力は超えていると想像しているんだと、心の中で思ったんよね。

ジャッカル、、、さてどうなのか。
11月の箱根オフでオチヤイさんのジャッカル装着車に乗った時、体感で大体28ps位だろうなと予測していたので、まぁそんなもんかも知れません。
ちなみに、純正のエアクリもついているし、純正のTM28SSだし、30馬力超えていたらそこそこだろうと思います。

WBさんもパワーチェックはあんまり経験が無いって事で楽しみな様子。
なんか色々と整備したら一回パワーチェックしておくのはエエ事だと思いますよ〜
分からんかった事が色々分かるんで。
とか話す利楽猿であった。
分からん事が分かる。素晴らしい事です。


さて、パワーチェック開始。
IMG_6842
開始・・・しないねぇ・・・

狩野さん、アクセルを捻るけど、
ぅぅぅぅううううわーん
てな感じになる。

アルモクさん、パチロクさん、自分の3人で見てたけど、こらアカン感じ。
狩野さんも首を傾げ一生懸命測定しようとしているが、こらアカンという顔をする。
何度も何度もアクセルを開けるが、ズーリズリ。
自分らも「滑ってる感じ?」「滑ってるねぇ・・・」「滑ってますねぇ・・・」
pwc1
諦めたのか、ドアを開けて出て来た。

あの〜すんません
「あ、もうお分かりですよね」
はぁ、いわゆるアレですよね、一回自分でも乗って来て系の。
「わはは、お願いします(キリッ)」
すんません・・・。
kano

非常に残念。
IMG_6843

「1速で既に滑るから4速や6速でなんて測定できませんねぇ・・・」
と狩野さんが呟く。

WBさん、こんなものかとあまり気にしてなかったって事です。
うーん・・・
IMG_6848
まぁ確かに今まで見たことが無い位盛大に滑ってましたしねぇ・・・

こういう時は気の毒そうにするよりは弄る方が正しい関西人の在り方なので、弄り倒したところ、
「くやしぃ〜〜」とWBさんがおっしゃる。
いや〜いいですね
大変おいしゅうございました
ありがとうございます。


エンジンオイルはヤマハ純正で添加剤などは入れてないって事なので、まぁクラッチ寿命なんでしょう。
少し気になったことと言えば、この後利楽猿号とアルモク号に試乗したWBさん、盛大に半クラッチで回転上げていたんで、そもそもクラッチには厳しい乗り方してるのかもしれんなぁ・・・って思った位。クラッチはもっとスパスパ繋いでもエエかなーとか何とか。
試乗から帰って来たWBさん
「自分のが滑っているの分かりました」
とのこと。
分からない事が分かる
和光2りんかんパワーチェック、お勧めです。

ちなみに強化クラッチスプリングに関しては、この辺参考にしてください。
クラッチプレートは純正でも十分だと思います。

という事で、2017年ジャッカルチャンバーのパワーチェックは測定不能で終わってしまいました。
リベンジしますよね?って伺ったところ、するって事でしたのでまた来年ですかね。

この様子はWBさんのブログでも記載がございます。
A Life With The Buell♪ 大スベリしたパワーチェック

さて。
この後利楽猿号がパワーチェックしました。
IMG_6851
これの効果を見る為にね・・・。

つづく・・・