キャブ設定の覚書。

若洲海浜公園で行われた刀ミーティングに電動式カタナを見に行った時の話。

真冬、一か月以上ぶり、という条件。
IMG_7026
ガソリンコックをPREにしてキャブにガソリンを供給。
バッテリー充電しながら試みるもなかなか始動しない。
チョークを引いても駄目。

しつこく暫くかけていると、初爆あり。
そこでチョーク引いても駄目で、むしろマイナス。
濃い?アクセル全閉じで濃いのかなぁ。

アイドリングスクリューを回して再トライ。
ボボボ という音と共に何とか始動。
ここからチョークを軽く引くとアイドリング回転は上がる。

暫く暖気して、アクセルをグィっと煽ると失火する。
薄いみたいなので、PSを-2回転から-2.5回転にすると、煽っても失火しなくなった。

MJ:112.5
PJ:27.5
PS:-2 → -2.5
JN:6DP2-3
NJ:P-5

これで若洲まで移動したけど特に問題無く走れた。
ガバ開け大丈夫。
PJを30にしてPS戻し量を減らすと、アクセル1/4付近が厳しくなりそうな気がする。
何となく。
一度は試してみたいところだけど、どうしょうかな。
PJ:30がそろうかどうか。