最近電池の減りが速いな〜と思っていて、バッテリーケアというアプリで調べてみた。

我がiPhoneのバッテリーが完全に終わっていた件


IMG_7279
半日持たない訳だ。
もう新品の25%程度の容量しかないのだ。

しかも、、、
IMG_7281
なんだか最近急速にバッテリーが死んでいっている。
暖めるとちょっとマシになるので、寒いと駄目なのかも知れない。

しかし寝る前にフル充電して朝起きると、バッテリー残量が10%位しかない。
これじゃ使い物にならない。

バッテリーが原因なのか、最近iPhoneの動作も遅い。

そんなこんなでRAVPOWERというバッテリージャケットを使っていた。
IMG_7280
しかし、色々とあって朝起きるとバッテリーは空。
バッテリー容量が少ないのが原因か、別にパフォーマンスも戻らず、相変わらずモッサリしている。
どうしたものか。

ちなみにRAVPowerの商品は無くなっていたが、中華アマゾネアで等価品は今でも売っている。

2200円なら買いだわな。

Phoneの速度が意図的に遅くなっていた話


iPhoneのOSをバージョンアップすると、徐々に速度が遅くなる。
このニュースが出て来たのが2017年12月。

日本人だと、へー、位で終わったんだけど、流石に世界最高レベルの資産を持つApple社。
しかし訴訟大国であるアメリカの人達は速攻集団訴訟を起こした。

怖いわ〜訴訟大国。
アメリカでのこの流れは世界中に広まり、実際他の国でも集団訴訟が発生した。

この事案でApple社の対応は迅速で、直ぐに謝罪してバッテリー交換費用を半額まで値引いた。
但しiPhone6以降ね。
自分のiPhone6も最近動作が遅い。
iOSのバージョンアップをきっちり受けているからかも知れない。
どうもバッテリーを交換すると速度が回復する可能性があるようだ。

日本でもバッテリー交換をするサービスが開始された


今日、日本でもバッテリー交換半額サービスが開始されるとニュースが流れた。
早速Appleのサイトで確認してみる。
Apple iPhone の修理 - バッテリーと電源
2018 年 12 月 31 日までの間、対象となる iPhone 6 以降のモデルの保証対象外バッテリーサービス料金を 3,200 円とさせていただきます。 ただし、3,200 円にてバッテリーサービスを受けられるのは iPhone 1 台につき 1 回限りとさせていただきます。
通常料金8,800円のところ、3,200円になっていた。
うむ。素晴らしい。
で、さっそく予約を申し込む。これが朝の8時頃。
バッテリー交換を行う日程を調べてみると、もうApple表参道とか銀座のフラッグシップ店、日曜の夜中しか予約が取れなくなっている。(22時現在、月曜日とか火曜日の平日しか空いてなかった)
一年間は3,200円なので、喫緊でなければ12月まで粘って交換した方が良いんだろうけどね。

とりあえず日曜日の夜にApple銀座で予約を入れた。
これで昔の様に一日使えて、サクサク動作するiPhoneに戻ると嬉しい。
果たして当日交換とかできるのかしら。

続く