2018年01月05日 ジャイロのドライブレコーダー(中編)

の続き。
前回、ジャイロの交流電源から半波整流して、ドライブレコーダーの電源にした。


ところが、半波整流した電源だとちょっとドラレコ用には足りなかったようで、どうも撮影が安定しない。
信号待ちの時にリブートしている様子。

だもんでまた蓋を開く。
IMG_7317
何度もやってると慣れてくるもので、直ぐにここまで分解できちゃう。

前回作った交流⇒直流の電源を改造する。
IMG_7318
たまたま手持ちで持っていたW02Gを使う。
ブリッジダイオードってこんな感じのもの。
bd
詳細は省略。

接続して電圧を測ってみると大体22~25V位。
IMG_7319
負荷を掛けていない状態で23Vという事で、交流電圧のピーク値が23Vとみてよい。
なので実効値としては16V(=23/1.41)位なのかな。まぁ大体こんなもん。

この電源からシガーソケット、USB電源、ドラレコへと続く。
どちらも24V車対応なので問題無いでしょう。
IMG_7320

それを整線して搭載。
IMG_7321

蓋をする。
ちょっくらホームセンターまで走る。

エンジン始動直後はコンデンサへの充電が足りずに動作不安定。
しかし一回走ると、次に止まっても安定して動作する。
電源電圧を上げても大丈夫かな〜と全開にしてみるけど、まぁ問題は無いみたい。
暫く運用ですな。

ドラレコを付けた位置は良かった様で、大事な側面が良く見えている。
これならJKがヘッドホンしてスマホ見ながら自転車で突っ込んできても大丈夫やね。
大丈夫じゃないけど。

やめようね、歩きスマホとチャリスマホ。