今日は会社でなんでもかんでも否定から入る人間と話をしたので疲れた。
段々とこっちも面倒臭くなってきて、
「分かった。まず言いたい事全部言って。聞くから。」
というと「いやいや話が聴きたいだけ」仰せ。
なのでまた話を始めると、全て否定から入る。
聴く気ないやんね。
面倒臭い。
コミュニケーションを取る気が無いのか、ナチュラルなのか。
時間を大きくオーバーして話をするも、何の実りも無い。
お互い不幸で無駄な時間だった。
全てにおいて一方通行なひとと話をすると、何も生みださないし、なんの発展もない訳でして、何も新たなモノを生み出せない会話には、本当に時間の無駄を感じるんだと、改めて学ぶ。



そんなくだらない話はさておき、ディスクが振れてる?とかいう話の結末。
大下さんが、俺測定苦手なんだよ、下手なんだよ、とか言いながら測定してくれました。


うーん、まぁ大丈夫かって事で終わり。
自分も乗ってて体感できない。
ちなみに内側も測定したところ、こちらはほぼ振れが無かった。

そして、フルフローティングしたろか・・・とか。
ヤンタケさん設計のディスクがちょっとうらやましいと思ったりする今日この頃でした。