この間、Facebookの’87 YAMAHA SDR200 enthusiastsというグループにて、クラッチバスケットが破損したという話が上がった。

その後ニュージーランドのスティーブさんが、ヤマハブラスターのクラッチバスケットを分解して使えば良いよ、とアドバイスしていた。
P/n for the YFS Blaster clutch basket.
You will have to rivet the SDR primary gear to it.
リベットを外して、プライマリギアを交換すればええんやで、という事らしい。
31183531_284964132040996_5112429907506364416_o

なるほど確かに。
自分もこの間一個壊したところで気になる。
IMG_7789

このクラッチバスケットなんだけど、経年で段々とダンパーが緩くなってきて、オレンジ色のガスケットとかが破れてきたりする。
非分解の部品なので、ダンパーとかガスケットは手に入らない。

この間までベルーガさんが修理をするメニューを作っていたんだけど、最近はやって無いみたい。

ガスケットとかどうしてるの?とスティーブに聞くと、ベルーガさんに売って貰ったという。
31206343_284964262040983_5539405723231846400_o
赤道を超えて遠くニュージーランドで再生されるSDRのクラッチバスケット。
いとをかし。

しかし、まぁ世界のバンシー、ブラスター。
アメリカでは部品がいっぱい売っている。
ここは強化対象なんやね。
s-l500
ワイセコ
s-l500 (1)
ヒンソンレーシング
s-l500 (2)
純正
s-l500 (3)

全部USのアマゾンとかeBayとかで買えますな。

となると、純正のクラッチバスケットが破損したり段減りしたとしても、なんとかリペアできる道があるってことなんやね。

交換動画も沢山上がってます。