最近TZR250でOSR-CDIを試してくれている人が居られまして、この方が作られたマシンが写った動画のURLを紹介頂きました。


Vガンマを華麗に抜いていく一台のストリートマジック(笑)

NSR250が延々と追いつけない(前方に見えている小さい機体)ストリートマジック
※5分40秒以降チラチラ映り始めます

久しぶりにサーキット動画で爆笑してしまいました。
詳しくはこちら→YAMAHA2ストローク改造倶楽部
驚きは一周すると笑いに変わるんですねぇ...。
スズカでストマジって、、、。


閑話休題
先日大観山でひゅさしさんから紹介して頂き、OSR-CDIのRZV版の試験を依頼したカイズさんとKさんですが、KさんのRZV500には既にOSR-CDIが装着されていて試走したところまでが昨日。
連休明けに一度お邪魔して調査させて頂くところまでが現在の予定です。

特に問題も無い様な状態らしいのですが、ここで一旦、
・なんでこんなお願いしているのか
・課題に対してどう対処するのか
を整理しときます。


RZVに関する現在の関心事を簡単に説明すると、
・RZV500は大くの人達が1KTのCDIを取り付けて動かしていて、実績がある。
・なので想定では、1KTと同じピックアップ信号のタイミングが来る「はず」。
という感じ。

以前調べた時には、1KTはRZR系と同じフライホイールを使っていた。
IMG_8152
なので、
・RZVとRZRが同じようなピックアップ信号位置であれば、確かに1KTで動作する「はず」。
これまでの動作実績から言えば、その通りなんだろうなとは想定できます。
実際、別のRZVライダーさんから、かなり好フィーリングなインプレも上がっているで、このままで良いとも言えますが・・・。

ただここでやっぱり
ホンマかいな
とは思うところもある訳です。
自分の目で見てませんから。

その「ホンマかいな」の状況でRZVでOSR-CDIを試すユーザーが増えつつあって、少し対応を考えないと、、、と思ってた訳です。
動くからOK、では駄目なんだと思っています。

素直にちゃんと一度現物合わせをしてみたい。
少なくとも点火時期が正しく合っているのか位は見ておきたい。
そう思ったんです。
これが今回のモチベーション。

何故なら自分はRZVを所有した事も無ければマジマジと見た事も無いので、このなんでやねんが解決できない。
これが現在の課題。

そこでRZVをきちんと整備して、きちんと走らせている(ここ大事)方の協力を仰いだわけです。
現実的にお会いできる範囲の方。

ご協力頂ける事が確定したので、後は調査。
多分RZRと同じようなもんだろうと予想していたところ、カイズさんから送られてきた写真は残念な事にタイミングライトが使えないタイプ。

ランツァもこのタイプなんだけど、ランツァには一応窓があってタイミングライトが当たる。
31732527_1857348994562414_5819911055240855552_n
これは多分窓が無いんやろなぁって想定してます。
しかしこの時点で、やっぱり1KTとRZVは、少なくとも構造が違うことが判明したので、やっぱり取り組んでみて良かったなぁと思います。

カイズさんは、部品取りがあるので覗き穴を開けても良いですよとか言ってくれたんだけど、貴重なRZVの部品を加工するのは最後の手段というか、点火時期見るだけの目的ではできません。

「やり方は考えますわ〜」と言いながらパチンコ屋で2万程スリました。
pata



パチンコ屋で、もうそろそろノーマルの点火時期を簡単に取れるデバイスを作ろうかな〜と考えていました。
オシロで波形がとれるんやから、自分でも作れるだろうと。

オシロで波形がとれるんやから・・・

(´・ω・`)とったらええがな

2chのオシロを使って、コンデンサの充電状態と、ピックアップ信号を取ればええですやん。
と思いついた訳です。
2万円の元は取れました。(とれてません)

まず、RZVのピストン上死点状態で、ピックアップコイルとフライホイールの突起の位置関係を分度器で測定します。

以前電装友の会でパチロクさんが詳しく調べてくれたので、ピックアップコイルと突起の関係性は詳しく分かっています。
29136568_239109679985020_3600961243084488704_o

ある回転数で、ピックアップの1波目から放電までの時間をオシロで測定します。

各回転数でのフライホイールの1度あたり回転する際に必要な時間は以下の通りです。
rpm   us
1000 166.7
2000 83.3
3000 55.6
4000 41.7
5000 33.3
6000 27.8
7000 23.8
8000 20.8
9000 18.5
10000 16.7

例えば3000rpm固定にしてオシロで波形を取り、ピックアップ第一波からコンデンサ放電時間(us)を測定すれば、その時間を55.6で割るとどの程度純正CDIがピックアップ信号から遅延させて点火しているのかが分かります。
恐らくピックアップ信号はBTDC36度で来るので、これで純正の点火時期は測定できます。

とりあえずこれで行けそうです。
信号は9ピンのものに電線を挟み込んで取れば良いかな。
資料作って準備しておこうかと思います。

RZVはまじまじと見た事も無いので、楽しみです。



久しぶりにカタナに乗って遠出しようかと画策していたんですが、今日明日は雨って事で。
金曜日位からまた晴れるそうなので、そっちでどっか走りに行きたいと思っています。
とりあえずエンジンは掛けときました。
IMG_8153