この間、ラジエターのリザーブタンク内のヘドロ掃除を少ししたけど、その後100勸盟った状態で様子を見てみた。

ちなみにヘドロってこんなの。
IMG_8130
これをじゃぶじゃぶと洗ったのが先日の話。

ラジエターキャップを新品にして変わったことは、冷間時でもラジエターの機密が保たれているのか、毎回「プシュ」とかなり圧力が掛かったままになっている事。
ここって定期交換部品なんやな〜・・・。
ラジエター水は相変わらず減っている。
別にエンジンオイルに混入している様子も無い。
多分なんだけど、走ってラジエター水がサブタンクに行った後、戻ってきてないのかも知れない。
若しくはある程度の量が減ったらそこで止まるので、こんなものなのかも知れない。
別に水温がおかしいとか、エンジンが熱ダレするとか、そういう感触は無いので様子見。

キャップの方はまだ汚れていた。
汚れがどこに付いているかというと、ラジエターリザーブタンクからの戻しの部分。
IMG_8261

ラジエター水がリザーブから戻っているのが分かるので、それは良いんだけどね。
IMG_E8260

ただやっぱり、一回外してきちんと掃除しないと、いつまでもラジエターキャップが汚れて痛みが速いままの様な気がする。

次にエンジン下すのはいつの事か。
今年の夏の宿題やな〜。

つづく