ファンネルVersion2の取り付け。
IMG_9296

肉厚が5ミリから2ミリに変更し、材料費を削減。
十分な強度あり。
カール部分も少し工夫。
IMG_9297

エアクリーナーボックスから飛び出さない様に調整した結果、こんな感じになる。
IMG_9298

意外とキャブレターと距離が近い気がする。
IMG_9306
エアジェット付近になるべく影響が出ない様に・・・。


なんか8000rpm位から薄く回る様な感覚があるので、キャブレター調整をする。
IMG_9301
メインジェットとパイロットエアジェットを濃い目に調整。

MJ:260 → 270
MAJ:0.7
PJ:29
PAJ:1.3 → 1.1
NJ:O-9
JN:6GH8-55-3
PWJ1:55
PWJ2:0.7(TMX30用) 
MASJ:Duty:0%-0%-0% 
PASJ:全閉じ

そして試走。首都高を70勸盟って来た。
気温26度位で涼しい。
IMG_9309

トルク感は増したけど、8000rpmからの薄い感じは余り解消せず。
6000rpm付近でのパーシャルでハンチングが出やすく、高回転からアクセルを全閉じすると、たまにバックファイヤが出る。
RASCでMASJを調整すると少しだけ良化。

PAJ1.1は濃い目と想定。
PAJ1.2が欲しいところだけど、多分島田優号に付けたまま。
PAJ1.3に戻そう。
メインよりパイロット側が薄いと怖いんだけど、1.2が無いからしょうがない。
買っとくかな〜と思ったらウェビックもモノタロウも在庫無しだった。
(品番:735-010-0120)
MJ270はMJ260と大差がない気がする。
理屈上この辺りからあんまり差が出てこないんよね。

久しぶりのキャブセッティングは楽しいちゃぁ楽しい。

けど8000rpm位からのスーっと回るあの感覚は何だろう。
ファンネルが原因なんだろうか。
いやそれ以外に変更点無いので原因は間違いなくこれなんだけどさ。
パワーチェックの結果はプラスに働いているけど、もしかしたら燃調が合えばもっと出力出るのかもなと思ったり、思わなんだり。

燃調しっかり出すWhiteBuellさんの追試に期待。

さてこれどうしよう。
IMG_9112

誰か燃調出せる人見つけるかな〜。