OSR-CDI1.2を運用し始めておよそ二か月。
2018年07月03日 和歌山へSDR用のOSR-CDI発送

特に今年の酷暑でテストには丁度いい。
水温が100度になった日もあったし、これを乗り越えているは事は大事。

バージョンアップする予定もないし、いい感じで終わらせられそうな気がする。
なのでFIXと認識してマニュアル書いてもいいかなってことで、サクサク作り始めた。
Pカッターで基板を切ってヤスリ掛け。
IMG_9337
ElecrowでVカットをお願いしても良いんだけど、普通は、たった一枚を切り出すのに追加料金払わなくても良いと思うんですよね。
Pカッター買う方が安いから。

外出の途中で秋葉で部品をちょっと書い足し。
あきばおーでは、まだあの超上級者向けタブレットが9千円で売ってますね。
IMG_9348
Windowsに詳しい人なら買っても良いと思いますが。

今回はマニュアル記載用として一般的な緑色の基板にしてある。
部品配置してハンダ。
IMG_9343

IMG_9344

ここまで作ってからファーム書き込み。
IMG_9345

ケーブルはメートル販売なので、自分は1/4にカットして25cm。
IMG_9346
これでR1-ZとかSDR、RZVはこれで丁度いいので、大体この位で良いんじゃないかな。
まぁこれは車種に寄りけり。
ケースに木工用14mmのドリルで穴をあける。
グロメットで保護しながらケーブルを通して大体完成。
IMG_9349

使った工具はドリルを除いてこんな感じ。
IMG_9351

今のマニュアル群はVersion1.0系で作っているので、ちょっとずつ差し替えを進めています。