2018年09月23日 デュアルファンネルの時代 のつづき
ベアリングについては

今日はなんとなくなんだけど、「そろそろパチロクさん、来るな」と思ってたんよね。
多分、3Dプリンターの造形物を見に来ると思ってたんよね。

でやっぱり来たんよね。
IMG_9572

OSR-CDIのクイックシフターをこんな感じで装着してた。
IMG_9571
自分が見た初めてのツインエンジンのクイックシフター。
どうですか?って聞くと、まぁクイックシフターですね、という事でした。
設定値とかFacebookの電装友の会に共有してくださいね〜とお願いしておきました。

手が四本あるので、リアホイールのベアリング交換をしましょうって事で、お手伝い頂きました。
いや、、、お手伝い頂いたというよりは、殆どやって貰いました。
IMG_E9564

リアホイールのベアリングは右から入れましょう。
IMG_E9565
サービスマニュアルにも右側から入れろって書いてある。
今回はパチロクさん、右側はガッチリ嵌め込み、左側はいい感じのところで止める技を披露してくれました。
合計3つのベアリングを全て交換。
リアアクスルは程々に、ダブルナットをしっかりと締め上げました。
これで結構ヌルヌル回る様になりました。

お礼はジュース一本・・・。
何時もパチロクさん、整備している時はなんか嬉しそうな感じなので、まぁ良いか・・・。
良く無いか・・・。まぁ良いか・・・。楽しそうだったし。
自分でやるより上手にやってくれるし・・・。
腕のいい人が居るんだからお願いしないと!

次回RZのリアホイール手伝います。
本当にありがとうございます。

さて。
ボーテックスジェネレーターや二重化した、新しいファンネルを試した。
IMG_E9566

ナイロン製のファンネルVer.2はガソリンの吹き替えしでうっすらとオレンジ色になっているけど、特に痛む事も無く使命を全うしてくれました。

新型は果たしてどうか。
IMG_E9567

セッティングは迷いに迷って、メインジェット260から20番上げて280。
IMG_9569
こんなんしたら、普通はまともに走りませんがね〜。

WBさんは既に2.5番手単位の調整を開始しているんですが、自分はまぁそこまではって事で、ザックリ10番単位で入れ替えていきます。

んで走ってみました。
デュアルサイクロン+SDR専用ファンネルVer.2からの比較。

キタコレ・・・

なんか初めてスーパーブラックジャックチャンバーを付けた時の様な感動を覚える。
前のファンネルは7000rpm位から「ひゅぃ〜〜〜ん」と回る感じだったんだけど、MJを20番上げた事もあるのか、6000rpm位から「バリバリバリッ」と来て、いつもは止まっちゃう9500rpmを超えて回って行く。点火時期ノーマル準拠なのに。
パワーバンドが広がり、力強くなった。

純正エアクリボックスだと吸えてなかったんやね・・・。

試しに3速全開プラグチョップしてみる。
IMG_9578
まぁこんな感じ。良く燃えてて、いい感じじゃないかな。

今回のデュアルファンネルはDMMで出品しておきました。
試してみたい方はどうぞです。

別途Oリングが必要になりますんでご注意を。
ただし、これ「キャブレターのセッティングが出来る」前提で使ってください。
かなり燃調変わります。
キャブのセッティングやったことない、燃調の濃い、薄いが体感で分からない人には全くお勧めできません。

ファンネル+純正TM28SSキャブだと、WhiteBuellさんのブログがとても参考になります。
https://blogs.yahoo.co.jp/badseeds_1019


つづく