この間あももさんが四国から来た時に、和光2りんかんでパワーチェックをした。
あもも兄さん曰く、
「2りんかんの狩野さんはイメージ通りの人だった」
という。

イラストのイメージ通りって事らしい。
kano

するとアルモクさんが、
「最近上手くなってきて、ちょっと違う」
という。
ヘタウマ感が減って来たって事か。
t
上手くなったら褒められる、という公式が常に正しいとは限らない。
いやまぁいいや。本題。

和光2りんかんはNSR250についてはちょっと突っ込んで取り扱っている様な感じ。
それはもう何十年もNSRを愛して止まない狩野さんがいるからだと思う。
その狩野さんが、前回のパワーチェックの際にNSRのソレノイドについて色々と調べていた。
「ネットで調べても利作猿ブログの記事ばかり」
とぼやいていた。
すんません。

そーかNSRか、と自分も興味が沸いたので今回少し調べてみた。
今までTZRやRGVのミクニ系エアソレノイドは調べていたのだけど、NSRは調べてなかった。

NSR用の物はTZRやガンマの物と違って、やや武骨。
ソレノイドのサイズもやや大き目だった。
IMG_9786

IMG_9788

2気筒同時に制御する仕様でコンパクトにまとめらているとは思う。
マニュアルを見ると、この2つのソレノイドでエア流量を調整するような事が書いてる。
IMG_9774

ホースの中にジェットがあるのかなと思ってたら、なんとY字のジョイント部分に埋め込まれていた。
IMG_9789
まぁなんと調整幅の無い事をしているのか。
RGVは電子制御をし、TZRはジェットの変更を可能にしてあり、NSRは決め打ち。
NSRは決め打ちが多い。
商品として完成されていて、手を入れるのがとても難しい車両なんだろうなぁ。

NSRのCDI制御装置、いわゆるPGMはどうやってオンオフ制御しているのかはマニュアルに書いてある。
IMG_9773

どの位の消費電力が必要なのか、また電源は流しっぱなしでも良いのか知りたかったので、まずは抵抗値から探る。
NSRのエアソレノイドの抵抗値は大体32〜33Ωだった。
IMG_9792
走っている時に14Vの電圧がかかるとして400mAも流れちゃうので、流しっぱなしは基本NGやろうね。
5W位消費する事になるし。
PGMがPWM制御しているかどうか、だけど。まぁしているかな。

ばらしてみる。
IMG_9794
電流を流すとプランジャーが引っ込む、という仕組み。
この辺はどれもこれも一緒か。
触ってみた感じ、ストロークも大きくDuty制御用には向かないだろうと思います。

カプラーは90端子が3本。
一本は12Vの供給、 二本は左右のソレノイドの電流を流すドレイン端子。
IMG_9795

住友のカプラーなんで探せばある様な気がする。
IMG_9796

これかな?




カプラは一般的なものなので、割り込みも簡単に出来る。

ソレノイドをどうのこうのするのは幾つかやり方がある。
PGMから完全に横取りして制御するか、PGMに繋げたまま、横からGND接続してソレノイドを開くか。
後者の方が簡単。
例えばどこかの回転数だけ開きたいって要件があれば、ある回転数だけGND接続すれば良いです。
ソレノイドなんで、最初だけ電流を大きく流して、後はPWM制御すれば良いと思います。

つづく