土曜日、ケンポンさんに付き合って自分のSDRもパワーチェックした。
前回から間が空いてないんだけど、どうしても気になる事があったので、データ取り。
もう今年は最後ね。

しかしまぁ、毎回和光まで行って測定するのも勿体無いので、そろそろ簡単な測定器を作った方が良いかも知れないなと思いました。
いや真面目に作ろう。

この日の様子はこちら

SDRの計測の様子。
IMG_1095

ちょっと前回のパワーチェックの内容から。
前回のCDIのセッティング。
sdrsetting01
赤:2XTミハラマップと青:SDR純正もどき。
この時の結果がこれ。
181028_1622_002
やっぱり2XTは伸びますな〜とか言ってた。

今回。
進角させた方が伸びるけど、パワーピークまでは遅角している方が良さそげという事と、路上で確認したYPVSの全開位置の調整。
sdrsetting02
YPVSは8000rpmで全開にせず、ほんの僅かだけど8500rpmまで伸ばした。
その結果がこちら。
181117_1803_001
点火時期をガッツリ変えたけど、殆ど誤差レベルとなった。
ここまで差が出ないのは本当不思議。
点火時期って大きく外さなければ、プラスマイナス2度、3度位は違いが出ないのかなとか思ったり。
スイッチ壊れているかもと確認したんだけど、ちゃんと動作していた。


これだけだと良く分からないだろうと狩野さんが拡大してくれたのがこれ。
181117_1803_004

更に拡大。
181117_1803_002

あわせて点火時期を並べたものがこちら。
mysdrinvest

もう誤差レベルなんだろうと思うけど、大きな特徴としては、8000rpmの変な谷間が殆ど無くなった点。
これは色々と考えた結果、多分YPVSの開度を変えた事が効いているのだろう。
伸びは赤色が一番伸びているけど、YPVSは全開領域なので違いは点火時期の違い。

気温と気圧が違うけど、気温20度条件で気圧に関しては標高差換算で100m位。
あまり影響があるとは思えない。

これだけOSR-CDIのセッティング触っても結果として大きく上下しない。
ただYPVSについては色々と知見が溜まった感じがする。
パワーチェックの結果から現在の自分のSDRでのベストカーブはこんな感じ。
mysdrbest
SBJチャンバー、TM32SS、デュアルサイクロン(改造エアクリボックス)。
まぁこの辺が限度かな〜。

今回とてもとても重要な発見は、2ストの点火時期でよくある二段階カーブは正当性があるって事。
パワーバンド終端では、更に一気に点火時期を遅らせた方が、伸びきりが良くなります。
チャンバーのカデナシー効果が終わり、急速に圧縮率が低下するタイミングで点火時期はワープする位一気に落としていく事が必要なんじゃないかという考察。
チャンバーだけじゃなくてリードバルブも関係しているのかも知れない。

前回のパワーチェックで考察した時の図。
pchikaku
パワーバンドが大きくズレている。
9000rpm以降が改善されているものの、8000rpm前後で2馬力程の差がある。
17年2月から、自分のSDRに大して色々な物を取り付けている中で、このグラフの違いを生み出しているのはタイミング的に考えるとインテークレクチファイヤだと思う。
0297
例えばマリオチャンバーみたいな11000rpmまで伸びるチャンバーを付けたとすれば、これはとっても大きな変化に繋がるパーツの様な気がする。
しかし、今の自分のSBJチャンバー(純正の中身をくりぬいたチャンバー)は、中速ドカンタイプなので、これが合わないんじゃないかって気がする。

しかし、、、もしこのインテークレクチファイアがこれだけの出力変化を生み出しているのだとしたら、これも試してみたい様な気がしてきた。
IMG_9613
良し悪しはあるけど、このパーツは色々と重要である、って事だけは分かった。


今回2回のパワーチェックで沢山の事に気が付く。
一番大きな知見は、改めてだけれども、それぞれのパーツやセッティングが違う方向を目指していると、全然気持ちのいいエンジンになんかならない。

2ストロークはチャンバーの性格に合わせて全てのパーツ、セッティングを合わせ込んでいかないといけない。
チャンバーに従属して、リードバルブ、インテークレクチファイア、ファンネル、点火時期、ポートタイミング(YPVS)、サイレンサー。
(当然、ちゃんと整備されているのが前提だけど)

それぞれが高回転ピークパワーを目指していたり、パワー面積を目指していたりすると、まとまりのない、なんか駄目なエンジンになる。
当たり前なんだけど、改めて色々な事を通して再認識。
例えばOSR-CDIは、大きな出力変化をもたらす。
それはあくまでチャンバーやその他の吸排気系が本来持っている潜在能力を引き出す事だけ。
普通の事なんだけど、改めてこの事を心にとどめておけば、このデバイスのセッティングのやり方のヒントになるかも知れない。

SDRでメジャーなジャッカルチャンバーは、基本的にSBJチャンバーの様な性格だし、自分の試みは色々と参考になるかも知れないです。