2018年11月24日 OSR-CDI:マイナス波形でタコメータ動作
の続き
WhiteBuellさんのタコメータが動いたので、飯を食べに行く。
その後、「じゃぁフロントサス入れましょか」と言われる。

WBさんは、来る前からSDRにサスを入れる手伝いをしますと言っていたが、自分的には暗くなって駄目だろうと思っていた。

時間は大体15時頃か。
日没が迫る。

ま〜しかし、手が沢山ある時にやった方が良いし、WBさんとだべりながら作業出来るので良いだろうと思うのでやる事にした。
WBさんやる気マンマンだったし。

今、自分のSDRにはSRX用スプリングが入っているが、SDRと違って長くてカラーが無い。
WBさんがオーダーしたスプリングはSDRと同様の長さなので、カラーが必要。

部品は沢山あるので大丈夫。
IMG_1173

今までイニシャルアジャスターが入っていた分、どうしてもプリロードが掛かっていた。
IMG_1172
キーマンさんのイニシャルアジャスター。

SRX250のスプリングはカラーが無いので、このイニシャルアジャスターで増えた分の調整が出来なかったんだけど、カラーを投入する事によってこの調整が出来る様になる。
これは一つの魅力。

サクッと10伉カラーをパイプカッターでチョップする。
IMG_1170
迷いなくパイプカッターで切り始めるとWBさんが「純正勿体なくね?」という。
いいえ、全然勿体なく無いです。
・代替品が容易に手に入るもの
・更に外から見えないもの、意匠に影響しないもの
・高価でないもの
について、勿体ないとは全く思いませんです。
塩ビパイプで良いんやし、迷いなく切りますわ。

そして、切った後そのまま使おうとしたら、「やすれ」と冷静にWBさんから指摘が。
IMG_1166
シコシコとやする。

フロントを外して装着開始。
IMG_1165

WBさんも沢山手伝ってくれました。
IMG_1159
流石にあれだけ散々とフロントフォークを調整してきたWBさん。
仕事が速い。

この時期なんで一気に暗くなってくる。
夏ならまだ明るい時刻なんだけど、冬なので残された時間は少ない。

WBさんのアドバイスにより、油面は10mm程に調整。
オイルはヤマハG10。
IMG_1160
細かいところは今後の調整。
とっぷりと日が暮れる頃に作業終了。
IMG_1161
やっぱり二人でやると早い。
跨ってみると、オイルが新しい事もあるのか、ダンピングが強めに出ている。

WBさんが帰った後に試乗。
というか、ストレート東京店(足立区)が閉店セールをやっているからそこに行った。
閉店と言っても、区画整理が原因らしい。
近くで便利だったのに残念。
IMG_1164

全品15%オフって事で、前々から必要だと思っていた22mmの眼鏡レンチを買いに行った。
IMG_1162

展示品半額って事で、余計なものまで買った・・・。
IMG_1163

多分これ。
デジタルなんで心配なんだけど、まぁオモチャ位にはなるかなと。
手ルクレンチの練習用に丁度良いかな。

後、展示品限り200円でLED照明とか。

清算すると500円割引券をくれた。
埼玉店、横浜店、千葉店で使えるとある。
どこで使うねん?と思って、よくよく考えてみると、埼玉店はアルモク亭の裏じゃねーか。
持っていこう。


んで、新しいサスの感想。
街乗りしかしてないので、乗り心地に関しては正直違いはあんまり分かりませんです。
ただ、ブレーキが効くような感触を得る。

う〜ん、なんでかな?と走りながら考える。
初期段階から最後まで一定レートのシングルレートスプリングにした事が原因かなと。
ダブルレートだと、ブレーキを握り込んで最初の部分でスコっと入るんだけど、この間減速していない。
オフロード車とかと一緒で軽い部分のスプリングが沈んでいる間は、その反力しかブレーキは効いていない訳でして、ダブルレートなので、その後急激に反力が高まる。
シングルレートなんで、最初から重めのスプリングが反発するので、ブレーキもその分効く感じ。

これが良いか悪いかははっきり言って利用用途次第。
走行距離の9割が首都高な自分には、いい感じのスプリングだとは思います。

まぁもうちょっと乗ってみてから。

なお、このスプリングの設計・制作経緯はこちら。