糞寒い中、XL125Sの車高を下げる為に作業。

フロントフォークを外す為にはジャッキアップしないといけないんだけど、XLのジャッキアップは初めてだったので色々と悩んだ。

結局エンジンガードを外してエンジンに直接ジャッキせざるを得なかった。
IMG_1322
ちょっと前にタイヤ交換したので別段どっかが詰まる事も無く分解できた。

エンジンガードのボルトはなぜかロックワッシャーだったりするけど、本当に必要なのかな?
IMG_1321

ヤフオクで買っておいた良品フォークに交換する。
IMG_1323
フォークオイルはヤマハG10。
この間WhiteBuellさんとSDRのフォークオイル交換したばかりなので、すいすいと出来る。
手持ちオイルが足りるか足りないか、ギリギリのところだったんだけど、なんとか規定値の130ミリに油面を調整できた。
本当に丁度。

XL125Sのフォークは本当に短いカラーが入っていた。
直径20ミリ。
IMG_1324
はて。
翌日本当の純正をバラしてみると中身が違った。

さて、問題のリア。
こちらはエンジンマウントが出てきているのでジャッキは簡単だった。

IMG_1325

リアサスも簡単に外れる。
IMG_1326

今度付けるのはRFYの格安サス。ST250用 12ミリ-12ミリのもの。
IMG_1327
ちょっとだけ車高調整は出来るけど短い。

このRFYのサスを取り付けようと思ったら、下側のカラーがちょっと長くてXL125S側に入らない。
入らないのでちょっとヤスリで削ってみたけどラチが明かないので、XL125S側を広げた。
IMG_1328
ボルト突っ込んでネジでグイっと。
何とか入ったけど、やっぱりマフラーに軽く接触。
IMG_1329

本当に軽くなので、そのままホムセンまで乗って行ってワッシャーを買う。
IMG_1331
これを一枚程サスペンションの上側に入れる。
後マフラーも少し調整する。

ギリギリ・・・だけどサスを縮めると軽く擦る位の接触。
IMG_1332
なんとかせなな。

マフラーからなんかが逆噴射しているっぽくて、新品のサスがなんか汚れてる。
オイルかなぁ。

相方が帰って来たので跨ってみて貰う。
だいぶん楽になったとのこと。
火事場の馬鹿力があったら乗れるだろうと。
これで何かあった時に、また迎えに来てもらえるかもね。
前回の話はこちら

RYFのサスは固いので、オフロード向きでは無くなったと思うけど、SDRやカタナの固いサスに慣れているので、シートが割とフカフカだし、そんなに違和感は無い。
フロントとのバランスがどうなる事かと思ったんだけど、それほど?違和感なく乗れますね。
このバイク、最高速が90/hに届くかどうか位なものなんで、破綻するような速度域が「無い」ので、ロードではこれはこれで良いのかも知れません。

それよりちょっと驚いたのは、意外と質感が良いってこと。
アルミの削り出しボディで、多分アルマイトじゃなくて塗装なんだけど、結構綺麗だなって思う。
付けてて恥ずかしくなるような質感じゃないっす。
後はスプリングレートとか書いてあれば良いのにね。



ホムセン行ったついでにハンダを買ってきたので、OSR-CDIテスト基板の続きなぞして今日は終わり。
IMG_1333