XL125Sの左クランクケースのオイルシールを交換。
オイル抜くのが勿体無いから横倒し。
IMG_1517

下から眺める機会はあんまりないので観察。
IMG_1518
みてもなんて言う事は無く、ただそれなりに汚いって事を改めて確認しただけだ。

IMG_1519
チェーンも掃除しなきゃな。

オイルが垂れない様に倒しているけど、真横にする必要は無さそう。
IMG_1521

新品と古いオイルシール。
40年の月日を経て、なんか魂が宿っているかも知れない。
宿らんか。
IMG_1520

バイクを立ち上げてからその他のオイルシールも交換する。
IMG_1528

どうもここからも漏れていた様子で、オイルが滲んでいる。
IMG_1526

フライホイールのTマークを確認する窓も同様にオイルで汚れている。
オイルシールが死んでいるんやな。
IMG_1527

その他細かいゴムなんかも交換。
IMG_1525
ついでついで。


そのついでにこの間買ったフォークブーツを入れる。
フォークブーツを入れるとその部分が本当に錆びないという都市伝説を聞いたので、そこにかけてみる。
えんやこらとリフトアップする。
IMG_1522
手を抜いてアンダーガードを外さなかったらまぁ大変だった。
ズルズルと滑って来てこけそうになる。
やっぱり手を抜いたらいかん。
ホンダ純正のフォークブーツなので、なんも考えなくてもスルスルっとはいる。
底部にエア抜きもあり実にスムース。
IMG_1523

いや〜いいね、実に良いね。
IMG_1524
上部にストッパーを入れてないのでサスを動かして確認してみるけど、余裕です。

交換したダストブーツはどうやら交換されたばかりの物らしく、ほぼ新品の様な状態。
IMG_1529

フォーク全体をメンテナンスして保管していたらしいので、こんなに柔らかい。
IMG_1530
勿体ないな、どうすっぺか。
また考えよう。

MADE IN JAPANが誇らしい、HONDAのクランクケース。
IMG_1531

弄るついで。
CDIの方も見ていく。
つづく。