HS-1の車体が徐々に出来上がってきているので、焦ってニキシー管の制御回路を作っているところ。
IMG_1551

制御は行きつくところPIC16F1455のPWMを利用する事になった。
んだけど、天気が良いとXL125Sを触ってしまう。
なのでニキシー管はまた今度ってことで。

少し気になっていた部分。
XL125Sのピックアップ信号がどのタイミングで出るのか。
IMG_1557
どのタイミングってのは、ピックアップコイル近傍で回る歯車の話。
SDRやRZでも同じで、いつシグナルが発生するのか?は実際に動かしてみないと誰も分からない現物合わせの世界なんだな、これが。

タイミングライトの光をスローで撮影してみる。
iPhoneのスロー撮影でも分解能が30fpsなんで、正確には分からない雑な話にはなっちゃうんだけど、何周も撮って大体の位置感覚を掴んでみる。

しかしあれですな、昼間屋外でタイミングライト当てる程非効率な事はありませんな。

して、だいたいこの辺。
t001

ちょっとだけ前。
Tマークで位置合わせして、上死点を出したところから10度位前。
だいたい。
ま、大体合えば後はどうにでもなる様にしたのがOSR-CDI1.2系統の良いところなのよ。

ちなみに自分の車両だと、アクセル吹かしても進角をなかなかしない。
機械式進角装置が錆びてるんが原因なのかなぁ。

進角は動画で見るとこの赤い〇印のところで見れる。
これがベースプレート部分。
t002
これがちょっとだけ右回りに進む、つまり進角する。
t003
わかり辛れぇ・・・

しかし進角しないのはあんまり気持ちよくないので外して掃除してみようと思ったけど、クランク固定しないとボルトがクランクと供回りする。
1速に入れて回してみると車両が動く。
ブレーキかけて回そうとするけど、なんかボルトの頭ネジ切りそうな感触。
あの柔らかい鉄のボルトの感触がジワリと・・・。
ぎゅぅぅとやるとやっちまうなぁ、これは。

このクランクは左回りなので、正ネジだとは思うけど、逆って事は無いよなぁとか色々考えだした時にタバコが切れる。
タバコが切れると死んでしまうので、とりあえずラスペネ塗って蓋をする。
Facebookでは性ネジとか聖ネジとかのアドバイスを頂く。
皆様ありがとうございます。

今週末は兄貴が山登りでロングランする予定なので、今日はやらない方がよさそう。
まずは今週末ちゃんと数百キロ走れる事が大事。
クランク固定する為のホールディングツール持ってないので、次回はインパクトでガガガガッと行ってみようかと。

課題設定自体があいまいなまま進められるのが、遊びの良いところだなぁと。
別に今何かをしなくっちゃいけないって事は無い訳でして。

明日からまた仕事。
解決しなきゃいけない問題目白押し。
課題設定、手段、二の策、三の策、お金の計算。
そりゃそれで面白いんだけどさ。