6速6000rpm丁度100/hで走っている時に「ババババッ」となるところを、RASC(自作エアソレノイドコントローラ)で燃調を薄くすると「パァ〜」っと綺麗に回る事を発見したので濃い事が分かった。
RASCで燃調を絞ると、いきなりアクセルを開けた様に加速する場所があるんで、この辺て出力に相当影響するんよね。
色々試した結果、TM32SSのPAJ(パイロットエアジェット)を1.3から1.4にしたところ、綺麗に回る様になった。

でも6速5000rpm以下だとやっぱり「ババババッ」となっていた。
まぁRASCのダイヤルをクイっと回せば収まるので、まぁええかとほっといた。

まだ濃いんよね。

そしてこの間のパワーチェックの時に、狩野さんが
「パーシャルでちょっと濃い目、開け始めで少しもたつく」
「まぁでもソレノイドで調整するんだよね」
と仰せ。

とはいうものの、個人的なこだわりもあり、キャブレターで調整したいところ。

これまでのTM32SSのセッティングを眺めながら、さて、、、どうしようかと。
2018年10月22日 TM32SS セッティングの歴史 18年度

PJは今、寒い時だけチョーク引く様な状態なんで、丁度良い気がする。
PAJは影響がデカいのでこれ以上はちょっと・・・。
筒(ニードルジェット)しかないなぁ。
IMG_2095

ってことで、筒をワンランク落とす。
MJ: 260
MAJ:0.8
PJ:29
PAJ:1.4
NJ:O-9 → O-8
JN:6GH8-55-3
PWJ1:55
PWJ2:0.7
MASJ:Duty:0%-0%-0%
PASJ:Close

久しぶりにキャブレターを開けた。
IMG_2096

ちょっと走ってみたところ、なんとなく力が無くなった様な気がする。
だけど人の感覚ってあてにならないんよね。


翔んで埼玉ならぬ、翔んで大観山。
IMG_2113
この様子はまた別エントリーにて・・・。
富士山綺麗。

スタート時点。
IMG_2100
140劼5.08Lで27.6/L
サイレンサーテストの為に首都高走ったりした割りには結構いい。

平塚で給油。
IMG_2101
カードで支払ったので領収書が無い・・・。しまった。でも確か3Lチョイ位だった。
大渋滞だったので参考値としてほしかったなあ。

そして帰宅後。
IMG_2123
大渋滞の西湘、大観山登り下り、高速走行。
別に燃費走行なんてしていないけど、164劼鬟螢供璽屬砲擦坐り切る。
5.48Lで30km/L

まー大体3km/L位向上。

5000rpm位でも「バババ」って感じが薄れていて、出力が上がっている事が分かる。
以前は振動があった方が出力が出てる気がしてたんだけど、色々と試してきた結果綺麗に回っていて振動が少ない時の方が出てる事が分かっている。
これってわかり辛いところなんだと思う。俺だけかもしれんけど。

燃費も久しぶりに30km/Lを超えた。
ちなみに去年は22km/Lだったので、大きく改善したと言える。
筒の変更は上手く行ったみたい。