80年代の2ストローク車が争われるテイストオブツクバのZERO-2。
そこでトップグループを走る一台の黄色いマシン。
IMG_9902
ライダーも速いけど、車体も速い。なので優勝しちゃったりする。

そんなレーサーを作るチューナー、シゲキさんから金曜日の夜に電話があり、日曜日に八王子まで来ない?ってな話だった。
最初、良く聞き取れず、「おかけ間違いでは・・・?」と言っちゃった。

お話は1KTに取り付けたOSR-CDIが上手く動作しないので、見に来ないか〜ってな話。
丁度土曜日に長らく苦しめられた試験が終わる事だし、即答で行くとお返事。
その1KTとは、前回のテイストオブツクバ、ZERO-4クラスに出場しているマシン。
IMG_2390
この時はとりあえずポン付けだったことや、どうも駄目な場所に設置していたりと、気になる部分が沢山あった。


この1KTはこの間創刊した「ヘリテイジ&レジェンズ」という雑誌で連載中のテイストオブツクバ参戦記で使われている車両。
ライダー&レポートは中村さんという記者さん。
この間発売された創刊2号目に掲載された記事がこちら。
hl
まぁつまり、OSR-CDIは純正CDIよりも出来が悪いって話なのだ。
詳細はこちらで。


この記事を読んでFacebookでトミムラさんが「なんだかやきもきする」と心配するコメントを残してくださる。
ちなみにこのお方は、Vガンを鈴鹿サーキットで抜いていくストリートマジックの制作者でTZRをとことんやっつけていた方・・・というのはちょっとした余談です。
2018年05月02日 RZVの点火時期を調べる方法を考える


電話が終わった後、正直言えば自分はもう可笑しくてしょうがなかった。
スーパーマンがスーパーマシンでテイストのトップ争いをするところを取り上げる記事は多々あれど、読者目線でとにかく情熱だけで1KTをZERO-4で走らせるこの連載は非常に楽しみにしている。
そのマシンにOSR-CDIが搭載されて、結果が出ないなんて。
同じくテイストのZERO-2でブッチギリの結果を残しているチューナーがそれを手直しするのを見れるなんて。
楽しみ以外の何物もないですよね。本当に。
OSR-CDIに本当に悪いところがあればまた改善するネタになる。

当日、天気はあいにくの雨なのでレンタカーを借りて本日八王子に行ってきた。
集合場所は、八王子にあるリアライズ。

詳細は、、、
65481700_2267503093364975_222786791231455232_n
自分はタブレットで遊んでる訳じゃないです。マップえんやこら修正中です。

詳細は、、、
IMG_2730

次号のヘリテイジ&レジェンズで
大人の対応。
まぁ今回自分は外野なので。
といっても、多分記事化されなさそうなところを少々。

問題はシゲキさんのゴッドハンドがあっさり治してしまった。
意外な部分に問題があったんだけど、それを修正する為に別に特別な事はしておらず、やるべき事を丁寧にシゲキさんがやっただけ、と言える。

結局、音出し聞いて全くノイズが乗った様な様子が無かったので、自分はオシロを出す事も無く終了。
それよりもセッティングが気になったのでチョイチョイと修正。
最初に入っていたマップ。
1KT-1
青が1KT純正相当、赤がミハラ風2XT改マップ。

YPVSの違いの成分を除いて、方向性を見るべく赤ミハラ改と青ミハラ改+3度進角。
1KT-2
ま、そこそこ。
ポートやっているらしく、点火時期早目にした方が圧縮が出るみたい。

YPVSをいいとこどりすべくちょいちょいと手直し。
1KT-3
道岡店長も治していくと手応えを感じている様で「開けやすくなった」という。
自分のSDRと同じでYPVSは二次曲線的に開けた方が良い結果になった。
これはいつかどこかで書こうかと思っていること。

まだ詰められる気がするんだけど、それより先にすべき事が・・・ってことで終了。
セッティングに関しては道岡店長も結構面白そうに付き合ってくれていた。
このへんきちんと記事にすれば相当面白いものが書けると思うんですけどね。

早々に終わっちゃったので、さて、、、としていると、シゲキさんがごそごそと手を入れ始めたんだけど、それもまた雑誌記事で書かれる事でしょう。
これもまたやるべき事を丁寧にやってらっしゃるだけなんですけど。

昼飯を食いに行きましょうってな話になり、シゲキさんと中村さんと三人でラーメン屋に移動すると、そこにはRoom29Lのケンポンさんが。
ラーメン屋の店長もRZerな方。メンツ濃いなぁ。
IMG_2734
マシンも濃いなぁ。
ラーメン大変おいしゅうございました。パン食べてくるんじゃなかった。

なんだかんだと長話をして本日終了。

ケンポンさんは雨なのに「乗らない日があるとみんな心配するんで〜」と言いながらRZに乗って去って行く。

シゲキさんはこのまま東北への帰路につく。
凄い体力。


この色々話をしている時に思った事。

来年位には、自作CDIってもっと汎化されて、空気の様になると良いなぁと思った。
今はまだちょっと物珍しいところもあるんで、色々と取り上げられる事もあると思っていて、そういうのが落ち着いて、その辺に転がっているキャブの様な存在になると良いなぁと思います。
器に意味がある訳では無くて中身に意味がある。
例えばキャブ自体に意味がさほどある訳でも無く、そのセッティングや結果に意味がある様なもの。
自作CDIなんて選択肢のひとつで、エーモンのステーとかと別に変りない単なる道具でしかない。
そういう風になればなぁと。
今日はOSR-CDIを取り付けた話なんだけど、取り付けた事が重要なんじゃなくて、ちゃんと作る事、普通にやるべきことをやる事、そして、仮説、測定を繰り返して得られたセッティングデータ、が重要なんだと思いました。

今日も何かバージョンアップのネタがあればなとは思ったんですが、流石に無かった。
ちょっとしたトラブルも設定でチョイチョイっとイケましたし。
これら全てヤマハ2スト電装友の会の人達と作った成果です。ここの人達がいなければ、OSR-CDIってなかったんだなって本当に思います。

しかし今回は色々勉強させて貰ったので、またマニュアルの充実とかに役立てるつもりです。
シゲキさん、皆さん、ありがとうございました。
自分はなんの役にも立ちませんでしたが、自分にとってはとても有意義な日でした。
何かでお返し出来ると良いのですが。