細かい電子部品をハンダする時にどのハンダコテを使えば良いのか。

ホムセンでよく売っている大洋電機産業のGootだと、自分の感覚だと30W位が最適かなと思います。
大洋電機のホームページでは以下の様に説明されています。
45539994e6c84999fe72f448eea910d0
まぁ電子工作にはKS-30Rが幅広くカバーしていて、一本だけ買うなら最適なんだろね。


だけどこれだとコテ先が太く、ちょっとだけ使い辛い。
なので、交換用コテ先として、20W用の奴を使ってみた。
IMG_2824
ハンダコテに刺さっているのが、KS-20R(20Wのハンダコテ)用の替えコテ先R-48SB。

随分先っちょが細くなっていて、細かいトランジスタなどのハンダも楽だし、配線も特に問題無く出来ている。
割と使いやすい組み合わせ。
特にランドにしっかりと熱を加えたい時には重宝する。
電子パーツのリードだけに熱が入ってランドに熱が入らない様な事を避けやすい。

ただ、ハンダがコテ先が細いので纏わりつきやすいところはあるのは少し欠点。
構造上しょうがない様な気がする。
トータルとしては使いやすいので、暫くこれで行きます。