モトエジャーさんでオーバーホールした、ガス室別体式のリアサスを早速付けてみる。

先ずは2XTダンパー+アイバッハのサスを外す。
IMG_3329
これはこれでとても良いサスだった。
フワフワのSDRダンパーだと、なぜか腰に負担が掛かっていたんだけど、これに変えてからは楽になった。
やっぱりフワフワのサスはアカン。(体重76圓里弔屬笋)

久しぶりに開けたので、リンク部分等をチェック。
グリスはヌルンヌルンとついていて、別に問題は無さそう。
IMG_3330
モリブデンを中に、防水用にリチウムを外に塗っておいたのが良かったのかも知れない。
サスを外して、普段掃除できないところを掃除。
IMG_3332

ちょっと入れるのに苦労したけどなんとか収まる。
IMG_3344

最初にスプリングを外して、伸び切りと縮み切りの状態で変な接触がないか確認。
伸び切りでギリギリチョップ。
これはもうアカンと言える。
IMG_3335
一度外して少し削った。
ちなみにサスが縮んでいるとそこそこのクリアランスは残る。
後はコイツ。
IMG_3338
邪魔だなぁ。
これがあるだけで付ける気が失せるが、性能の為にはやむなしか。
これで性能がアレだったら残念だなぁ。

色々と付ける場所を考えてみるけどやっぱりここしか無いか。
IMG_3343

ちょっとホムセンに行って適当なステーとか買ってきて取り付けてみる。
IMG_3347

これはダサい。採寸。
IMG_3354

でちょっと3Dプリンターで発注する事にした。
sus
これをMFJで作って三千円。
良い世の中だなぁ。

さて試乗してみる。
最初跨ってみるとフワンフワンとして緩い。
前のサスのプリロードを測ってみると10ミリ程度だったので、15ミリ位入れてみる。
ちょっと収まるが、どうしてもリバウンドが気になる。
縮み側と伸び側を両方締めこんでみると良くなってきた。
街乗りではこんなもんとして、高速ではどうなんやろか。
調整幅があり過ぎてちょっと悩む。
また、後ろを締めこむとケツ上がりな感じとなり、今度は前がなんとも心もとない。
前もプリロードを少し入れてバランス。

ところでこのサスなんだけど、基本ダンパーが緩め。
結構締めこんだところで、まぁまぁ良くなった。
元からついていたサスも計算上SDR純正と同じようなバネレートだったので、このサス自体はやっぱり軽い人が軽いレーサーに乗った時に使うものなんかなと思ったりする。

折角メンテナンスしたんだから、もうちょっと乗ってみたいと思いますけど、2XT+10kgf/mmのアイバッハには敵わないのかも知れません。

これもナイストライ賞か・・・も。