アルモクさんは夏に沢山仕事をして10月後半暇だった様で、HS-1のチャンバーとかカウルやシートが出来上がっており、そろそろエンジン掛けたいので、という事で行ってきた。
IMG_3888
あ、タンクとシート付けた写真撮り忘れた。

なんせ凄く久しぶりなので、結線を思い出すのにちょいと苦労したけど、前回必ず忘れるからとマーキングしてて、なんとか。
IMG_3891

この小さい箱にバッテリーやCDIや充電プラグやUSB口を付けるという無茶な要望を一応聞いておく。
IMG_3890

現段階で既に溢れとるんだが・・・。
OSR-CDIの小型化は本気で検討しないと駄目かもわからんね。
YPVSとか無いので3Dプリンターなんか使えばもう少し小型化は可能ではあります。
IMG_3889

まぁなんとか。


ホンダのレギュレータで14.7Vで充電されることも確認したので、灯火類を除けば、エンジンかけて走るだけの回路は出来た感じ。

途中ガレタカさんがやってきてFTR250の話。
調子が悪いらしく、点火時期がアイドリングでは安定するけどエンジンを吹かすと遅角していくんだそうで。
FTRも昔はAC-CDIだったのね。
回路図見てみたけど、正直HS-1とかと同じで簡単なつくり。
HS-1に取り付けているOSR-CDI持って行っても動くんじゃないかなっていうレベル。
FTR
CDIはパルスジェネレータと1相発電機で動作する。
12V電源が必要みたいなので、デジタルなのか、サイリスタがデカイのかどちらかなのかな。
現象を考えてみるけど、ホンダ縦型エンジンはアイドリングから進角をはじめて、大体BTDC30度〜35度位まで進角していくのが普通。
遅角していくってのは多分CDI側に問題があるのじゃないのかなぁ。
良く分からないけど。

昨日SDRが原因不明でエンジン不動になったのでXL125S。
IMG_3887
SDR直さなきゃ。